話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
大好きなアノ娘といつでも一緒♪3D仮想空間『ai sp@ce』に注目&開発担当「株式会社ヘッドロック」に潜入!
【2ヶ月連続企画:第1回】『CLANNAD』・『SHUFFLE』・『D.C.II ~ダ・カーポII~』に登場するキャラクターたちと一緒に生活ができてしまう夢の空間『ai sp@ce』の実態を探るということで、一体この空間で何ができるのか?そして、何が行われようとしているのか?を2ヶ月連続でレポート♪
復讐するは我にあり?TVアニメ『スキップビート』オフィシャルコメント
2008年09月 23日(火曜日)
白泉社「花とゆめ」にて大人気連載中の『スキップビート』が10月よりTVアニメとして放送開始。放送に先駆けてメインキャストの3名にオフィシャルコメントをいただいたぞ!


井上麻里奈さん(最上キョーコ 役)
小西克幸さん(敦賀蓮 役)
宮野真守さん(不破尚 役)
佐山聖子 監督


――自己紹介と演じられているキャラクターの印象についてお願いします。

井上麻里奈さん:最上キョーコ役を演じさせていただいております井上麻里奈です。はじめキョーコのセリフを読んだときは、なかなか感情移入をすることが難しかったです。それはですね“恨み”で芸能界入りを目指すという、今までにないケースの女の子だったからです。そんなキョーコなんですけど、原作のコミックを読み進めていくうちに、だんだんキョーコというキャラクターが魅力的に見えてきたんです。もしかしたら、人を魅了してしまうところが、キョーコというキャラクターなのかなと思っています。

小西克幸さん:敦賀 蓮役、プロダクション所属の小西克幸です。4月21日生まれでよく「やっぱり!!」と言われるB型です。敦賀 蓮というキャラクターは非常にカッコイイため、どう演じていいのか困っております。彼は努力家であり天才肌の持ち主なので、よく何でもできちゃう大人っぽいイメージが先行しちゃうんですけど、まだ20歳な上にどこか天然な部分を持っているので、実は子供なのかなと思わせられる一面もあるんです。なので、完璧な人間なんですけど、その反面すごく人間味あふれる人なんじゃないかなと思っております。

宮野真守さん:劇団ひまわりからやってきた、不破 尚役の宮野真守です。6月8日生まれで自分のことしか考えていないB型です。尚もなかなか、感情移入して演じることが難しかったですね(笑)あそこまで性根が腐っていると、逆に気持ちの良い役でした(笑)演じていてすごく思いました。キョーコに向けていろんな暴言を吐いたりするわけですが、自分でも演じていて「あ~こんなセリフいっちゃったよ~俺・・・」と不憫に思うことが多々あります。それが観ているみなさんに楽しく感じていただけるように、届けばと思っております、がんばっております(笑)

――それでは2回アフレコを終えた時点での、感想をよろしくお願いいたします。

井上麻里奈さん:第2話まで終えて、非常にキョーコはセリフが多いなと感じております(笑)。それはですね、台本が配られ開いた時点から、目の前がくらっとするくらいでした(笑)しかしですね、ここまでたくさんのセリフがあることは、役者としてとてもありがたいことだと思い、この役に臨んでおります。キョーコは感情の浮き沈みがとても激しい役なので、朝からでもキョーコを演じられるようにコンディションを整えております。これが・・・ずっと続くのかなっと、少しドキドキしながら演じさせて頂いております。

小西克幸さん:そうですね、人事になっちゃうんですが、井上さんが大変だなと一緒に出演していて思います。非常に感情の起伏が激しいので、自分のキャラクターももちろんなんですが、天使だったり怨念だったりと思いの塊みたいなものが結構出てきます。家でチェックしていると大変な役なんだな~と思っておりました。1話なんかですと、およそ8話分はしゃべっていましたね。僕は二言ぐらいしかしゃべってないので、余りにも不憫で・・・(笑)でも・・・そのうち逆になったら大変だなと思っています。またですね『スキップビート』はこの3人以外もキャラクターがとても魅力的です。みんなの個性が富んでおり、みなさんそれをよく演じているので、これからの展開がとても楽しみです。

宮野真守さん:不破はさっきのキャラクター紹介でとってもやな奴と紹介したんですけども、演じてみると彼なりの良さも見えてきました。とても野心家で向上心が強く、前向きで素直な部分が人より強くて素直な子だなと感じました。そういった感じで演技できればなと思っております。またやな奴という中でも、やっぱり観ている人にキャラクターを愛してほしいなと思う気持ちもあるので、劇中にあります「悪魔ショー」というSDキャラがでてくるときなどでは可愛さもアピールしていければと思っています(笑)

――ではここで、監督に『スキップビート』のアニメ化にあたり、心がけたポイントや作品の見どころを是非お聞かせいただければと思います。よろしくお願いいたします。

佐山聖子監督:とてもテンポの良い元気のある原作なので、その良さを損なわないように留意してシナリオや絵コンテを制作致しました。井上さんもおっしゃっていたんですけど、主人公のキョーコが今までの主人公像の枠から外れている印象が強いんですね。でも彼女が頑張っている姿だとか、出だしは不純な動機でも芸能界入りをしてこれからどう成長していくかなどを描いている点が見どころです。その中で彼女自身がみせる熱意や意気込みが“本物”なので、その辺で愛されるキャラクターを作り上げていけたらと思います。

――それぞれの個性あふれるキャラクターの中で1番注目をしているキャラクターは誰ですか。よろしくお願いいたします。

井上麻里奈さん:ローリィ宝田です(笑)2話から登場するLMEプロダクション社長(最上キョーコ所属プロダクション)なんですけど、一言で場の空気を全てもっていってしまう、非常にいろんな意味で濃いキャラクターです。観ているだけで幸せになれます(笑)また、あんななりですけど、意外とこの作品は大事なシーンに社長関係が多いので今後このからみがどうなるのか楽しみです。

小西克幸さん:原作を読んでいて思ったのですがキャラクターが1番ではなく、個人的に最上 キョーコと琴南 奏江(キョーコと同じオーディションに参加した女優志望の少女)2人のからみに注目しています。その中で特に気になっているのが、この2人がCMかなんかで共演しエチュードをやるシーンです。どうやらアニメでもそのシーンがみれると監督にお聞きしたので、原作からアニメになりどうやって表現されるのかが今から楽しみです。

宮野真守さん:ローリィ宝田は自分も好きなのですが、本作に登場するキャラクターはみんな個性があって好きですね。その上、監督の素晴らしい演出により原作さながらのテンポ感の良さがあります。キャラクターたちの良さが十分に表現できているので、ある意味キャスト陣たちも油断できない内容になっております(笑)その中でも、敦賀 蓮と不破 尚の関係が僕の中で気になります。あのオーディションでやったシーンとかですかね。そこで蓮に尚が灰皿を蹴りだすところがあるんですけど、迫力のある場面なので早く対峙したいです。あとですね、原作だと僕の演じる尚があまり出てこなくなるんですよ。その辺はアニメだとそういうわけにはいかないので、どうなるのかなと思っております。そうなってきたときは、やっぱSDキャラですかね。「にくいあんちくしょう」で頑張ります(笑)

佐山聖子監督:どちらかというとシンデレラストーリーではなく、私自身がすごくサクセスストーリーやスポコンが大好きなんですね。そういった意味では、主人公・最上 キョーコのサクセスストーリーをどうやって描いていくかがポイントです。今までの主人公にはない、熱い感じでキョーコちゃんを作り上げたいと思っています。

――それぞれ好きなセリフがありましたらよろしくお願いいたします。

井上麻里奈さん:キョーコが豹変する時の「復讐してやる」というセリフですかね。ココからすべてが始まったのでとても印象的でした。日常においては、不破 尚に向ける「ムカツク」というセリフなどですね。感情を思いっきり込めて、楽しくやらせていただいております。

小西克幸さん:僕はですね。1話でキョーコに「敦賀 蓮のアホー!!」と、力いっぱい叫ばれるシーンがあるのですがそれが凄い印象に残っています。キョーコのキャラクターは面白いな~と改めて魅力にはまった瞬間でしたね。自分の役で言いますと、キョーコに不純な動機で芸能界に入ることを宣言され、蓮が「ふざけんな」と怒るシーンが好きでしたね。蓮自身が仕事に対してどう考えているのかを真面目に語るので、蓮の気持ちが描写された良いシーンだと思います。が、しかし、やはり気になるのはSDキャラですね。本日初めての収録があったのですが、「じゃあ、俺は子分にしてください~」っというセリフがあって、ストーリー中の蓮とは別の角度からみたキャラクター像なので内心これでいいのかなという感じではございます。今後どんなセリフを言わされるのか楽しみです(笑)

宮野真守さん:尚君はですね、いっぱいありすぎますね(笑)えと「お前のハートはズキュン」とか・・・そんなセリフはないんですけど(笑)シーンで言いますとプリンになびいちゃうところとか可愛いですし、あとは祥子さん(尚のマネージャー)とのちょいエロな馴れ合いとかですね。その中で「祥子さんがタイプなんだも~ん」と言うシーンが印象的でした。はじめ収録のとき、イタズラっ子をイメージして言ったら、エロく言ってくださいと言われましたが(笑)その色気が何処まで出ているのか、みなさん是非堪能してください(笑)

佐山聖子監督:尚の壊れたときのはっちゃけ振りですね。たまに「お~い大丈夫か?」と、思うこともありますが(笑)そこが全般的に好きですね。たまにNG出しちゃうほどです(笑)リテイクのときに思わず「面白すぎです」と言ったほどですので、注目です。

――ありがとうございます。では最後に番組への意気込みとファンの方へのメッセージをよろしくお願いいたします。

井上麻里奈さん:はじめ少女漫画とは思えない主人公なのですがどんどんヒロインらしくなっていき、そして芸能界の道へと進み上り詰めていくお話です。私が演じているキョーコちゃんは最初はなかなか受け入れてもらえないキャラクターかもしれませんが次第に魅力的に見えてくると思いますので、是非楽しんでみていただけたらと思います。今後ともよろしくお願いします。

小西克幸さん:原作の魅力がたくさん反映されていますので、原作ファンのみなさまの期待を裏切らない作品になっているかと思います。僕の演じる敦賀 蓮は本当に「型にはまったカッコイイ」ではなく、人としてカッコイイキャラクターなので、僕なんかが演じるのは申し訳ないという気持ちでいっぱいです(笑)そんな敦賀 蓮に少しでも近づけるように頑張りますので、「カッコイイな」と思ってくだされば幸いでございます。最後まで追いかけて観て下さい。よろしくお願いします。

宮野真守さん:尚君は本当に素直で人間味あふれるキャラクターなので、自分の中では迷いなく演じております。物語が展開する中で一緒に成長し新たな思いや感情が芽生える部分も出てきますので、そういった部分を僕なりに演じ表現できたらと思います。また、この作品に集中して素晴らしいものをみなさんに、お届けできたらと思います。

佐山聖子監督:『スキップビート』という作品の中のキャラクターは、みんな個性にあふれていてとても魅力的なキャラクターだと思います。特に主人公・キョーコちゃんは観ているものも一緒に応援したくなるほど頑張り屋さんなので、そういうキョーコがステップアップしていく姿をみなさんに観ていただけたらと思います。この作品をみなさんの元気やパワーの源に、不屈の闘志を得てもらえたら良いなと思います。


TVアニメ『スキップ・ビート!』
10月5日(日)深夜2時よりテレビ東京 ほか にて放送開始

【STAFF】
原作:仲村佳樹(白泉社「花とゆめ」連載中)
監督:佐山聖子
シリーズ構成:関島眞頼
アニメ制作:ハルフィルムメーカー
OPテーマ: the generous 「Dream Star」
EDテーマ: 2BACKKA 「ナミダ」
【CAST】
最上キョーコ:井上麻里奈
敦賀蓮:小西克幸
不破尚:宮野真守
社倖一:川中子雅人
琴南奏江:早水リサ

【関連リンク】
the generous Official WEBSITE:http://generous.syncl.jp
2BACKKA Official Web Site:http://www.2backka.com/

©仲村佳樹・白泉社/LME ラブミー部
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ