話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
大好きなアノ娘といつでも一緒♪3D仮想空間『ai sp@ce』に注目&開発担当「株式会社ヘッドロック」に潜入!
【2ヶ月連続企画:第1回】『CLANNAD』・『SHUFFLE』・『D.C.II ~ダ・カーポII~』に登場するキャラクターたちと一緒に生活ができてしまう夢の空間『ai sp@ce』の実態を探るということで、一体この空間で何ができるのか?そして、何が行われようとしているのか?を2ヶ月連続でレポート♪
想像を上回る最終話へ―!『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』公式インタビュー
2008年09月 18日(木曜日)
魔法遣いの少年少女たちが紡ぐ、ほのかな青春ラブストーリー『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』。クライマックスの放映を直前に控え、ますます盛り上がりを見せる本作から、オフィシャルインタビューが到着!今回は、鈴木ソラ役・花澤香菜さんをはじめとするメインキャストの注目コメントをご紹介する。


 『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』は、国家機関「魔法局」によって任命された、魔法の能力を有する「魔法士」と呼ばれる人々が存在する現代の日本を舞台に、魔法士になるために北海道・美瑛から上京した16歳の少女・鈴木ソラと、彼女とともに研修を経験する緑川豪太たち5人の少年少女、彼女たちに関わる指導員、そして、魔法に寄るべを求める依頼人の人々との交流を描いた青春ストーリー。

 魔法の卒業試験を無事に合格したソラ、豪太、ほのみ、浩二、ひよりたち。ソラが迎えるエンディングとは――?今回は、最終回のアフレコを終えたばかりのメインキャストの皆さんによるオフィシャルインタビューをお届けしていこう。


●鈴木ソラ役/花澤香菜さん
●緑川豪太役/前野智昭さん
●浅葱ほのみ役/井上麻里奈さん
●山吹ひより役/高橋美佳子さん
●原誠一郎役/小山力也さん

―――まず、最終回のアフレコを終えた今の率直な感想からお願い致します。

花澤香菜さん
全12話、一言で言って早かったです、すごく。
これで終わってしまうんだなって思うと…やはり寂しさがありますね。 
もちろん、やりとげた…っていう、すっきりした気持もありますし、
このお話のテーマにもなっている若者たちの成長を、楽しいことだけでなく、厳しい事もしっかり提示できた、そこの充足感もあります。
でも、どちらかといえば、やはり終わってしまって残念な気持ちが強いです。
それほど私なりに頑張った作品でした。
スタッフの方々、共演者の皆さんにお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

前野智昭さん
本当にあっという間だった、というのが素直な感想ですね。
収録が始まるまでの準備期間がしっかりあったぶん、いざ始まってみるとそこからは早かった印象です。こうしてお話をしていると、ますます寂しい感じが募りますね(笑)。
来週もここに来て豪太を演じたい!切実にそう思っています。
もう…こうなったら無理やり続編をつくるしかないかな…と(笑)
このメンバーと競演できて本当に幸せでした。

井上麻里奈さん
暖かくて、とても幸せな気持ちに包まれていた現場でした。
「魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~」という作品はキャラクターたちの日常を丹念に描いていましたのでこちらにもそれがいつの間にか伝わってきて、この日常がずうっと続いていくものだと、時に錯覚を覚えてしまうくらいでした。それが無くなる…というのは本当に寂しいですね。
さっきまで収録していた最終回はストーリーの強さと暖かい希望に満ち溢れていて…。
私自身も心の中がざわざわと揺さぶられた感じがしました。

高橋美佳子さん
サブタイトルにもなっている「夏のソラ」という、この言葉のムードがすごく好きでした。
ちょうど涼しくなってきた今の時期に収録が終わるのは、いかにもこの作品らしいなって。
秋の気配の物悲しさのせいもあると思うのですが、収録が終わってしまうのは皆さんと同様、すごく寂しいです。

小山力也さん
本当に!みなさんのおっしゃるとおりですね。
とても楽しくて素敵な現場でした、
今は、多くの様々な世界観の作品が製作されておりますから、時にはデフォルメされた演技を求められる場合もあります。そんな中、自然体で声をつくらないで、自分の出しやすい声で素直な芝居ができる、それが新鮮でした。もちろんどちらの現場も楽しいのですが…。
作品のトーンもリアルでとても自然で、私もそれに刺激を受けながら楽しい収録をさせていただきました。ありがとうございました!


―――印象に残った台詞やシーンがありましたらお願い致します。

花澤香菜さん
私は10話のラストでしょうか。ソラと豪太だけのシーンです。
ここはソラと豪太がお互いの感情をぶつけ合うとても重要なシーンでした。
本番では普通にOKをいただいたのですが、私はなんだか納得ができなくて…・。
収録が終わった後に、監督さんにお願いをして、このシーンをもう一度収録させていただいたんです。こうしてお仕事をさせていただいてる以上、一度でしっかり全てを出し切るのがプロのお仕事だと思うのですが、どうしても納得がいかなかったんです。
少し監督に迷惑をかけてしまったのですが、私なりに思いを込めたこのシーンがとても印象深いです。

前野智昭さん
本当に素敵なシーンばかりで、ここでお話をしたい事はたくさんあるのですが…。
でも一番は豪太が勘違いをしてしまってヤケ酒をしてしまうシーンでしょうか。

小山力也さん
ああ、あそこね。そこで豪太もとうとうオトナになってしまったんですよね、いろんな意味で。

前野智昭さん
はい、豪太もそうしてオトナになってしま…って、 なっていません!(笑)
それに、お酒すら飲んではいませんし(笑)。
それまでクールを装っていた豪太の「心の揺れ」が印象的でした。
台詞としては「鈴木は笑顔がいいのにな」って序盤話数の豪太の台詞が好きですね。
「魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~」全編を通して豪太の気持ちをよく表しているような気がします。

井上麻里奈さん
江ノ島デートの話数(9話)がすごく印象的です。
幸せに満ち溢れていて。それまで少し意固地になっていた豪太の本当の一面がよく見えました。
うらやましいなって…、でも良かったねって素直に喜べるシーンだったと思います。
この幸せがずっと続いていけばいいのに…。
こういう日常の何気ない幸せを綴ったシーンがすごく好きでした。

高橋美佳子さん
ひより役としては「友達」という話数が好きです。
下北沢でソラちゃん、ほのみ、ひよりの三人で、るり子ちゃんという小さな女の子にちょっと振り回されてしまう…。そんなかわいいお話でした、
女子三人のキャラだけで展開する話数だったので、それも印象的でしたね。

小山力也さん
本当にみなさんがおっしゃるとおりなんですが(一同笑)
もう、どれも珠玉の名シーンばかりでしてねえ…本当に演じさせていただいていて幸せの日々でした。私は、役柄上、研修先でソラちゃんを指導する立場ですが、時に自分自身もそこから学ぶ事があったり。そういう誠一郎自身の葛藤や悩みなども少し織り交ぜていただいたのが嬉しかったですね。ソラちゃんと誠一郎の関係はカジュアルな師弟関係とでもいいましょうか…。
その距離感がとても好きでした。
たまに仲良すぎて豪太に勘違いをさせてしまうんですけどね(笑)。
性格もストレートで誰に対してもフェアに接するところがいいな…と思いましたね。


―――実際のスタジオで収録上のエピソードがありましたらお教え下さい。

花澤香菜さん
はい、それはもう沢山あるのですが、しいて挙げるのならば
やはり食べ物や飲み物を本当に食しながら収録が印象深いです。
これは初めての体験でした。
これがリアルってことなんだな(笑)って思いました。
うまく台詞を言えていたかどうか、あとですご~く心配になっちゃいましたけど(笑)。

前野智昭さん
僕もそうですね。今週は何が食べらるのかなあ、と(笑)
寿司だといいな…なんて(笑) もちろん食べながらの演技の難しさもありました。
でも収録中は本当に集中していて味わう暇などなく、という感じでしたね。
それ以外では、実は僕は割りと小心者なので、普通は皆さんに声などかけられないのですが、他の共演者の方やスタッフさんから暖かいお声をかけていただいて本当に嬉しかったです。ああ、いいなぁ…友達ってこういう風にできていくんだなって(一同笑)。

井上麻里奈さん
大丈夫、それは仕事上のお付き合いだけかもしれないから (一同笑)

前野智昭さん
いや…それでも嬉しかったんです。
うわべだけのお付き合いだけでも僕には充分です(笑)

井上麻里奈さん
なんといっても、掟(ポルシェ)さんの家が(笑)。
有名なお話なので、ご存知の方も多いと思いますが。
ある日の収録で、掟さんがスタジオ入りされた際、
「いや~、家が全焼しちゃってさ…」と、笑みさえも浮かべておっしゃっていたのがすごく印象的でした。それと私もマイク前での飲食というのは初めてでしたので、とても新鮮でしたね。雑踏のいわゆるガヤの収録なども街ごとに演じ分けるよう指示をいただいたり。
街ごとでノイズや人の気持も違う、ということも勉強になりました。

高橋美佳子さん
はい、私は… 私もやはり掟さんですね(笑)
スタジオではいつも隣に座っていらしたんですが、
最初にお会いしたときのインパクトは忘れません。
髪もロングですし、アロハシャツですし、そしていつも手ぶらですし(笑)
その後、みなさんにいろいろ教えていただいて掟さんの活動を知ったのですが。
私は役者としての掟さんのお芝居のアプローチも大好きでした。

小山力也さん
そうですね!本当にみなさんのおっしゃる…

キャスト一同
全部それじゃないですか!(一同笑)

小山力也さん
いやいや本当ですよ、ガヤのことだって言おうと思っていましたし、
掟さんの事もお話しようと思ってたんですから(笑)。
でも、少し、真面目にお話をしますと。
実際の収録上のことでは監督と音響監督さんの情熱をものすごく感じました。
リアルでありつつ自然体の演技というものを、追求されていたので、私もそれに負けないよう、スタジオでは集中していたつもりです。それゆえ時間がかかった話数もあったのですが。
でもそれだけの甲斐があったな…と本編を見て思いましたね。


―――作品のクライマックスへむけて最後にメッセージをお願い致します。

花澤香菜さん
『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』の最終回は、たぶん皆さんの想像を上回るお話になると思います。楽しいことも哀しいことも全て乗り越えたあとの人間の優しい気持ちが、ふわっと浮かび上がるような…。みんなが心を込めて作った作品だと私は自信をもって言えます。
たくさんの方に絶対に見ていただきたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

前野智昭さん
最終回はキャラクター達の成長した姿も描写されています。
豪太自身も顕著に成長のあとが見えると思いますので、豪太ファンはそこもお楽しみに、という感じですね。こうして収録を終えてしみじみ思いますが「魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~」のような心温まる作品は貴重です。是非、最後までお付き合い下さい!

井上麻里奈さん
最終回の台本を読んだ時には自然とじんわりと涙が溢れてきました。
でもそれは決して哀しい涙ではなく、心温まる幸せの涙だって感じることができて…。
この作品に出演させていただくことができて本当に幸せでした。
スタッフの皆さんと出演者ひとりひとりが情熱をかたむけて作った作品です。
最終回までどうぞ宜しくお願い致します!
本当にありがとうございました。

高橋美佳子さん
個人的には、1話の台本を拝見したときから考えると、
まさかこんな最終回になるとは、というのが素直な感想ですね。
クライマックスを暗示するような要素は中盤過ぎからあったのですが、最終回はその全てが集約されたラストになっていて、それまでのいろんな感情を洗いさってくれたような…そんな素晴らしい最終回です。淡々としたお話ですが、実はいろんな驚きも隠れていて個性の塊のような作品だったと改めて思っています。
最後までこの作品のこの強い個性を味わいつくしてしていただければと思います。

小山力也さん
私はアクション作品やCGをふんだんに使った作品も大好きですが、
テクノロジーでなんでも出来てしまう世の中で『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』は役者の生の声を大切していただいた作品だと思っています。
人間にとって一番大切な感情や命の尊さ、生きる意味をしっかり問いかけてくれた作品でした。
毎週、ここで誠一郎を演じさせていただいて、この仕事をしていて本当に良かったと思っていました。若い出演者の方の素直な声と演技に触れて私自身、教えられることも数多くありました。多くの皆様にこの作品を大事に見ていただければ嬉しいです。
本当にありがとうございました!最後までどうぞ宜しくお願い致します!!

―――ありがとうございました!

 本作への実直な思い入れが伝わってくる、温かいコメントを寄せてくださったキャストの皆さん。注目の最終回(第12話)の放映まではあとわずか…!ソラが魅せる魔法の結末を最後までお見逃しなく。


『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』
●放送局/
・テレビ朝日にて毎週(水)深夜2:40~
・キッズステーションにて毎週(木)深夜00:00~
(再放送:(木)明朝04:00~、(日)深夜00:00~)
●公式HP/http://www.sora-mahou.com/

★待望のDVDシリーズ化決定!以降全6巻毎月リリース
DVD『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』第1巻 [初回限定版]
●発売日/2008年10月24日
●価格/5,985円(税込)
●収録話数/第1話、第2話
●特典/
・初回限定版にはよしづきくみち描きおろしによる全6巻収納BOX付き
・その他初回特典等予定(内容未定)
※初回限定版が終了次第、特典のつかない通常版(GNBA-7571)になります。
●発売元/インターチャネル・ホロン
●販売元/ジェネオン エンタテインメント
※DVDレンタルも同時リリース!

©山田典枝/下北沢魔法事務所
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ