話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
大好きなアノ娘といつでも一緒♪3D仮想空間『ai sp@ce』に注目&開発担当「株式会社ヘッドロック」に潜入!
【2ヶ月連続企画:第1回】『CLANNAD』・『SHUFFLE』・『D.C.II ~ダ・カーポII~』に登場するキャラクターたちと一緒に生活ができてしまう夢の空間『ai sp@ce』の実態を探るということで、一体この空間で何ができるのか?そして、何が行われようとしているのか?を2ヶ月連続でレポート♪
お嬢様はアキバ系?「乃木坂春香の秘密」オフィシャルインタビュー
2008年09月 17日(水曜日)
大金持ちのお嬢様でありながらアキバ系という異色の組み合わせがファン多くの注目を集めたTVアニメ『乃木坂春香の秘密』。放送はいよいよ佳境を迎えているが、先日最終回のアフレコが行われた。メインキャスト陣よりオフィシャルコメントが届いたので紹介するぞ!


乃木坂春香役:能登麻美子さん
綾瀬裕人役:羽多野渉さん
乃木坂美夏役:後藤麻衣さん
天宮椎菜役:佐藤利奈さん
桜坂葉月:清水香里さん
七城那波:植田佳奈さん


――最終話の収録を終えての感想をお願いします。

能登麻美子さん
12本の収録でしたが本当にあっという間で、今日の収録が最終回という実感がわかなくて…。お話のラストもとても賑やかでまだまだ続きがありそう、そんな展開でした。
不思議ですね、終わった感じがしない印象です。

羽多野渉さん
ドラマCDの時から数えると、1年くらい経ちますが、TVアニメの12本はやはり短く、あっという間に感じました。裕人に気持ちが入りすぎてしまって、まだ自分の中では裕人としての感情が残ってしまっていますね。
作品がまだまだ続いてほしい気持ちでいっぱいです。

後藤麻衣さん
私も全然終わりという感覚が無くて、まだ中間地点にきたくらいじゃないのかな?といった気持ちです。楽しい現場だっただけに、このメンバーに会えなくなってしまうのが本当に寂しくて、名残り惜しいです。
第2期シリーズがあってほしいなと切に願っています。

佐藤利奈さん
私は第2期シリーズはあるのでは?と勝手に思っています。
なぜなら最終回に椎菜の登場がほとんど無かったからなんですが(笑)
舞台が春香さんのお誕生会ということもあり、椎菜的にはいかんともしがたい状況。
最終回に加わった感がほとんどなくて、椎菜的にはこのままでは終われないな(笑)という気持ちです。第2期シリーズの実現を切に願っています。

清水香里さん
12本はあっという間でした。最初の頃は緊張しながら気持ちを作っていきましたが、
今ではもっともっと演じていたいたかった、という名残惜しさがあります。
第3話から登場した葉月は乃木坂家のメイドなので、乃木坂家でしか登場しないのかなと思っていたら、毎週学校に出没したりなど意外に出番も多くて(笑)、毎週スタジオに来れて、とても楽しかったです。

植田佳奈さん
「ああ楽しかった」という、清々しい気分です。
ラジオドラマでもアニメでも、私は美香様の後についてふわふわ、ワイワイしていた感じでした。本当にあっという間だったなって気持ちです。


――全話を通じて、印象的な話数、シーンなどがあればお聞かせください。

能登麻美子さん
初めて秋葉原に行ったエピソードが思い出深いです。
はしゃぐ春香とそれを微笑ましく見守る裕人の関係。いい関係になり始めた頃の初めてのデートのような中で、嬉しそうにしている彼女がとても印象的でした。

羽多野渉さん
もちろん全話印象的に思っているのですが、中でも春香のお父様が初めて登場する回は思い出に残っています。立木文彦さんとの掛け合いは、それこそ汗だくになりながら一生懸命演じさせていただきました。
裕人が春香の秘密のことを、他の人に堂々と言うシーンはとても印象的です。

後藤麻衣さん
私はピンポイントに第8話。美夏のお当番の話で、それまでお姉ちゃんと裕人を何とかしてくっつけてやろうと思っていた美夏が、はじめて裕人に恋心的なものを抱いてしまう回でした。
しかも、裕人がとても罪つくりで、胸に恋の矢が刺さるような言葉をことあるごとに言うので、それに翻弄される美夏ちゃんが印象に残っています。

佐藤利奈さん
パンチラです(笑)。
最後の最後まで椎菜は激しく見せていました。
すみません、少し真面目に話しますが、泳げなかった椎菜をみんなで助けてくれた回がいちばん印象深いですね。椎菜の恋心の揺れ動きや、押しが強そうで押し切れない彼女の心模様をちょっとはがゆい気持ちで演じていました。

清水香里さん
葉月は多くは語らないし、どちらかというとオチ的存在となって一言で相手の会話を落とすところがあったのですが、中でも第4話で、葉月が結婚するかもしれないと、みんなが勘違いした回に、春香に自分の思いを話した時や、終盤の裕人に対して「タイミングを誤らないでください」というあたりは、だてにメイド隊叙列1位じゃないんだな、と感じましたね。

植田佳奈さん
第4話で「超人気声優の植田佳奈さんです。」というセリフがあったことが忘れられません(笑)。本当にひどい仕打ちです(笑)。



――各キャストさん個人のエピソードや思い出があればお聞かせください。

能登麻美子さん
第3話でキャラクターたちも揃ってスタジオにみんなが集合した時の賑やかさが、思い出深いですね。午前中からの収録でしたので、毎回アフレコにはスタジオのご近所でパンをよく買って来ていました。ランチパックシリーズがお気に入りです(笑)。

羽多野渉さん
由香里先生や3バカといったサブキャラクターたちの演技がとても印象深いです。裕人も春香もあまり遊びすぎてはいけないと思っていましたので、そういったちょっとハミ出し気味のお芝居を隣で聞いていてすごく楽しくて。

後藤麻衣さん
どの話も共通して賑やかな雰囲気が途絶えなかったなぁというのが印象的で、これだけ最初から最後までみんなでワイワイ盛り上がれる作品も珍しいと思いました。
私は由香里先生が好きなのですが、みんなにスルーされるところも可愛らしくて…。
演じていらっしゃる松来さんもまたカワイイなぁと思いながら美夏演じていました。

佐藤利奈さん
スタジオでは裕人と春香の甘酸っぱくて、なんとも言えないドキドキな空気がいつも漂っていました。いつまでたっても発展しない二人にたまにはもどかしさも感じて。スタジオにいる他の皆さんもそう思っていたはずです。

清水香里さん
作品ももちろん印象深いのですが、N'sとして5人でエンディングテーマを歌ったことがとても印象に残りました。それと!那波と葉月のキャラクターソングのレコーディングを終えてすぐのアフレコの後の帰り道、佳奈ちゃんと一緒にそのキャラソンを利奈ちゃんに力いっぱい歌って聞かせた事が思い出深いです(笑)

植田佳奈さん
毎週、原作者の先生がアフレコに来られていたのが印象的ですね。
とても作品を愛されているんだなと感じました。そんな先生が生み出したキャラクターなので、これからもますます騒いでもらいたい気持ちでいっぱいです。


――今後、キャラクターたちはどう成長していって欲しいですか?

能登麻美子さん
春香と裕人は付き合ってほしいです。
とりあえず、そこからはじめましょう(笑)。
卒業までずっともどかしい関係を続けてもいいのですが、演じているほうとしてはあともう少しだけ恋の発展がほしいです。
二人のもぞもぞ感には、早く付き合ってしまえばいいのにな!と個人的に思ってしまいます。

羽多野渉さん
僕は逆でずっとこの感じのままでいってほしいなと思います。
あれ、僕だけですか?この意見(笑)
大人になると、言葉だけが大きな意味をもってしまっていて。
この年齢では言葉を交わさなくても、その関係でいられる、そこに羨ましさを感じます。
どうか幸せな時間を大事に、そこに生まれるドラマも楽しんでほしいなと思っています。

後藤麻衣さん
とりあえず、二人にハッキリさせてほしいんですけど(笑)、でもそんな二人をニヤニヤしながら応援するスタンスもまた楽しいので、現状維持もいいのかな(笑)と、どちらの気持ちもあります。裕人と春香の関わるところでしか、メイドたちと会話をしていない美夏。思い返せば、お姉ちゃんとも裕人を介してでしか話をしていないことにも気がつきました。ぜひ乃木坂家の日常と言うものを見てみたいなと思いました。

佐藤利奈さん
二人には付き合っていただきたいのですが、そうなると椎菜が失恋してしまうので、複雑な気持ちです。椎菜には幸せになってもらいたいので、ぜひ誰かいい人を見つけてあげてください。

清水香里さん
そうですね、椎菜をどうにかしてあげてほしいです(笑)。
それには、裕人にもっとしっかりとしてほしい。
優しいのもいいけど、ハッキリとしてほしいですね。

植田佳奈さん
スピンオフ企画希望です(一同笑)
『乃木坂メイド隊の秘密』と題してメイド隊のウラの活動を描く、スピンオフ作品を描いてほしいなと思っています。
主題歌もありますし(笑)、メイドばかりで活躍してみたいです。


――作品のクライマックスへ向けてのファンの皆さんへメッセージをお願いします。

能登麻美子さん
終盤からお爺様が加わり、一家勢ぞろいとなって見応えある展開となっていきます。 エンディングは台詞こそないものの、みんなのシーンがフラッシュバックされていて、このグっとくるエンドロールは何度も見続けたい気持ちです。
最後まで演じきれてよかったです。ありがとうございました。

羽多野渉さん
全12話を通して、二人が成長していくところが描かれていきます。
後半で見せた春香がヤキモチを妬いてしまうシーン。春香をお嬢様と意識していなかった裕人が、シュートと絡むことによって初めて現実を見た時にそれをどう乗り越えていくのかが見どころになっていくと思います。

ほかにも、いろんなキャラとの掛け合いや会話を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

後藤麻衣さん
最終回の見所は禁断の押し倒しのシーンにほかならないと思っています(笑)。
私自身も思わず咳ばらいしたい気持ちになりましたので、みなさんも一緒になって恥ずかしい気持ちに悶えてください。

佐藤利奈さん
裕人と春香の恋がどうなるのか? それがいちばんの見どころだと思いますが、私個人としては、春香のお誕生会がゴージャスで、バースデーケーキが入場してくる様子はちょっとびっくりしました。ぜひそのバースデーケーキを見てください(笑)。

清水香里さん
最終回、見所は(春香の)母の愛です。
そんなに多くは語らないカワイイお母さんですが、「おめでとう」の一言には温か味があって大好きです。それと、レインボースネイクが邪魔に感じられると思います(笑)。 何かは言いませんが、見どころですのでぜひ確認してみてください。

植田佳奈さん
間島さんが演じる、サブキャラですね。
第3話から登場しだした意地悪キャラ達ですが、本当にコモノ系がよく似合います(笑)。 でも見ていてあまりにも可愛そうで、応援したくなる愛らしいキャラクターだと思っています。
彼と彼の父とのコメディチックなお芝居をぜひ見ていただけたらなと思います。

――ありがとうございました

 


TVアニメ「乃木坂春香の秘密」
読売テレビ、中京テレビ、チバテレビ、tvk、テレ玉、AT-X
読売テレビ……毎週月曜 26:39~
中京テレビ……毎週水曜 27:14~
チバテレビ……毎週木曜 26:00~
tvk……毎週木曜 26:15~
テレ玉……毎週土曜 25:30~
AT-X……毎週火曜9:30~(再放送あり)
※放送日時は変更になる場合があります。

【スタッフ】
原作:五十嵐雄策(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)
キャラクター原案:しゃあ
監督:名和宗則
シリーズ構成・脚本:玉井☆豪
キャラクターデザイン:石野聡
総作画監督:石野聡、浜津武広、石川雅一
カラーコーディネイト:海鋒重信
美術監督:春日玲児
撮影監督:中西康祐
編集:小島俊彦
音響監督:岩浪美和
音楽:渡辺剛
アニメーション制作:ディオメディア
製作:『乃木坂春香の秘密』製作委員会

【キャスト】
乃木坂春香:能登麻美子
綾瀬裕人:羽多野渉
乃木坂美夏:後藤麻衣
天宮椎菜:佐藤利奈
桜坂葉月:清水香里
七城那波:植田佳奈
上代由香里:松来未祐
綾瀬ルコ:生天目仁美
朝倉信長:高木礼子
永井”役:宮下栄治
小川”役:大須賀純
竹浪”役:安元洋貴

【「乃木坂春香の秘密」公式サイト】
http://www.nogizaka-haruka.com/

©五十嵐雄策/アスキー・メディアワークス/『乃木坂春香の秘密』製作委員会
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ