話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
◆パワープッシュ◆
真の強さを知るRPG 『アンチェインブレイズ レクス』 【総力特集・第1弾】
【NEW!】 フリューが放つニンテンドー3DS・PSP用ソフト『アンチェインブレイズ レクス』の総力特集を始動! 短期集中企画として、本作のゲーム情報とともに「予約特典」「ストーリー紹介」「ガールズサイド特集」「壁紙」という4つの側面をフィーチャーし、未だ知られざる “UBR” の魅力をお届けしていく! ≫続きを読む
『げんちょけん』DJCD化記念!檜山&水橋コンビの公式コメントをお届け♪
2008年 2月 21日(木曜日)
アニメ『げんしけん2』放送開始とともに配信がスタートしたWEBラジオ「げんちょけん おたくならぢを」が、満を持してDJCD化決定!今回は、本ラジオ番組のパーソナリティである檜山修之さん&水橋かおりさんからの公式コメントをお届けするぞ。

 3月26日にマリン・エンタテインメントより発売される「DJCD げんちょけん ~現代聴覚文化研究会~」は、ほぼノーカットで全話収録したオーディオCDの豪華2枚組!注目の録り下ろし番組では、笹原完士役・大山鎬則さんと笹原恵子役・清水香里さんの兄妹共演が実現し、これまでラジオを聴いてきたリスナーにとっても聞き逃せない内容となっている。

 今回は、WEBラジオで“オタク”を科学してきたパーソナリティであり、斑目晴信役の檜山修之さんと、荻上千佳役の水橋かおりさんからのオフィシャルコメントが到着!過去の放送&発売が決定したDJCDについて、たっぷり語ってくれているのでお見逃しのないように!

▲もはや阿吽の呼吸!?メインパーソナリティのお二人から、コメントが到着しました。


――それでは「げんちょけん おたくならぢお」が、ラジオCDになるにあたりまして、感想をいただければと思います。

檜山さん:今までの放送の丸々全部をCD-ROMに詰め込むんですよね。これは僕にとっても初めての経験なので、新鮮で楽しみな気分です。でも「全部入り」になった真相は何なのかな。「本当に面白くて、カットするのがもったいない」っていう判断?それとも「聴き直して編集するのが面倒くさいや~」って方?

(一同笑)

檜山さん:その辺は定かじゃないようですけど(笑)。全部で8回だけの放送だったとはいえ、凄いことだなと思っています。

水橋さん:そういえば8回しかやっていなかったんですね。アニメの放送と一緒にラジオをやっていたので、もっとやったような感じがしています。あと、私、本当にCDになるとは思ってなかったんです。今思い返すとハラハラするところもありますけど、もうしょうがないです。そこは聞き流して下さい(笑)。

――現在、たくさんの「げんちょけん」リスナーの方がいらっしゃいますが、このラジオの魅力はどのようなところにあったと思いますか?

檜山さん:単純に「檜山・水橋」のバランスが良かったのかな?スタッフさんと一緒に見せていけた、パーソナリティのそれぞれの個性と個性のバランスが、新鮮に映って良かったのかなと僕は勝手に思っているんですが。

水橋さん:私も一緒で、「えっ? この2人でどうするの? 何をやるの?」と感じてもらえたところが大きかったんじゃないかと思います。大将(檜山さん)と私ってあんまりない組み合わせで、どういう会話をするのか予想がつかないでしょうから、楽しみにしていただける理由になったのかも?

――実際にこれまで一緒にパーソナリティをやってきて、今、お互いの印象はどうですか? 印象が変わったところや、新しく気づいたところ等ありますか?

檜山さん:水橋とは事務所も同じで、何度か共演もしているので、人となりは分かっていたつもりでしたけど…。ラジオをやったおかげで「こういうとこがあるのか!」と感じさせられました。コイツ、自分の好きなジャンルに関しては、えらい押しが強い(笑)。

水橋さん:えぇ~そんな! そういうの、私だけじゃないですよ~。

檜山さん:そりゃもちろんそうだけど。でも! お前の押しの強さは尋常じゃねぇ!!

(一同爆笑)

檜山さん:先輩・後輩の関係を差し引きしても、ここまで押せるということは、同輩・後輩に対してはどうなることやら(笑)。まぁ、こういう水橋の押しの強さも、2人のバランスが面白くなった要因だと思います。

水橋さん:えぇと、私としては、後輩から言うのもなんですが、実は大将ってツンデレだと思うんです。

檜山さん:なんだと!(爆笑)

水橋さん:絶対、大将ファンの人は、「うんうん、そうよね」って言ってくれると思います(笑)。ジェニー人形の着せ替えをすることをいきなり考えついたときも、「やだやだ」と嫌がりながらもちゃんと実行してくれましたよね。

檜山さん:いや、あれは頭のどっかにいる自分が言ったんだ。「やれ」って。実際、嫌だったんだけど(笑)。

水橋さん:えぇ~!(笑)

(一同笑)

檜山さん:自分・檜山修之としては嫌で、「40にもなってお人形遊び!?」と思ってはいる(笑)。でも、声優・檜山修之は、「これ、おもろいやんけ~♪」って思っちゃう。なので、仕方がない(笑)。

水橋さん:そんな檜山さんの、今まで知られていなかった貴重な扉が開くところを見ることができて、良かったです(笑)。

――これまでのラジオの収録で印象に残ったことや面白かったことは何ですか?

檜山さん:ゲストの方が面白いラインナップでした。「おたくならぢお」ということで、幅広く「オタクな要素だったら何でもアリじゃね!?」という感じでしたね(笑)。「げんしけん」の主題歌を歌っている美郷さんがいらっしゃった後は、BL雑誌の編集者さん(リブレ出版)がいらっしゃったり、事務所の後輩のアンドロイド(初音ミク役の藤田咲さん、鏡音リン&レン役の下田麻美さん)までも来てくれました。なかなかじっくり話をする機会に巡り合えない方と話せて面白かったです。

水橋さん:でも、やっぱり最初は不安でしたよね。

檜山さん:そりゃそうよ、相手のほとんどの方がしゃべり専門の人じゃないわけだから。話を引き出すとき、役者仲間ならスルーしてくれる切り口でも、「この人達にはすっげぇ失礼になるんじゃないか」とか考えたなぁ。

水橋さん:「怒って帰っちゃったらどうしよう」って。

檜山さん:だから、我々もいつもと違う緊張感がありました。実際は、来てくれたゲストの皆さんは話しやすい人ばかりだったので、結果として一風変わったトーク番組が出来ていたんじゃないかと思っています。

水橋さん:ハラハラしたのも今となっては良かったんじゃないかなって思えます。他のラジオとは差別化が図れたんじゃないでしょうか。

――CDには新しく録り下ろした放送もありますが、どのような内容になっていますか?

檜山さん:ゲストで来てくれた大山君と清水香里ちゃんが、予想通りの、いや、僕の予想を超えたトークを展開しています(笑)。実は、ラジオ内に専用コーナーがある大山君はゲストで決まっていたんですけど、「もう1人ゲスト呼ぼう」となったとき、僕が「清水が来れたらなぁ!」って言ったんですよ。彼女は本編(アニメ「げんしけん2」)に出ていなかったこともありましたし、やっぱりササヤン(笹原 完士)と恵子ちゃんの兄妹の芝居は面白いので、これは良いアイディアだなって思って言ったら、本当にやって来てくれました。嬉しかったですし、実際に面白いものになったと思います。

水橋さん:私も「(アニメの)キャストの中で誰がいいですか」ってゲストを聞かれて、「みんな面白いけど誰だろう?」って考えたときに、「やっぱりこの2人がいい!」って思いました。もちろん笹原兄妹としてのかけあいも面白いんですけど、実際の2人のかけあいはもっと面白くて、見ていると本当に和むんですよね。

檜山さん:キャスト同士のトークのはずなのに、笹原兄妹が目の前にいるかのよう(笑)。これはラジオCDを聴いて、是非確認してもらいたいポイントです。

――それでは、ファンの皆様に向けてメッセージをお願い致します。

檜山さん:CD-ROMにはこれまでの放送を完全収録しています。一気に聴いてくれなんて、そんな無茶なことは言いません。時間の空いているときにゆっくり聴いて、「こんなことやっていたな」と思い出していただけるアイテムとして、または時間つぶしの友として活用していただければ嬉しいです。ラジオCD用の録り下ろしの放送も、これまでの「げんちょけん」に勝るとも劣らぬくらい面白い作りになっています。

ゲストの笹原兄妹役の大山君、清水香里ちゃん達の面白いトークはもちろん、僕らパーソナリティ「檜山・水橋コンビ」のあっぷあっぷぶりも聴くことができます(笑)。間違いなく笑えると思います。

水橋さん:基本的にどこかまったりとした感じがあるので、構えず、ダラダラと流して聴いていただければと思います。また、今では(配信終了で)聞けない分の放送を改めて聴いてみると、新しい発見もあるんじゃないかな、とも思います。買ったら、積んでおかないで下さいね(笑)。

――これまでお疲れ様でした。ありがとうございます!


<パーソナリティ>
檜山修之(斑目晴信役)
水橋かおり(荻上千佳役)

<ゲスト>
美郷あき(ヴォーカリスト)/リブレ出版/藤田咲(声優)/下田麻美(声優)/竜騎士07(クリエイター)/よしもときんじ(アニメ監督)

<録り下ろしDJCDゲスト>
大山鎬則(笹原完士役)
清水香里(笹原恵子役)

DJCD げんちょけん
~現代聴覚文化研究会~

●原作/TVアニメーション『げんしけん2』
●発売日/2008年3月26日
●価格/3,000円(税込)
●仕様/
【ディスク1】撮り下ろしDJCD(CD-DA)
【ディスク2】配信済みラジオ(MP3)音源(CD-ROM)
※MP3音源はパソコンなど対応機材で再生が出来ます。
●初回特典/未定
●発売元/マリン・エンタテインメント

【関連リンク】
●TVアニメげんしけん公式HP/http://www.genshiken.info/
●DJCD「げんちょけん~現代聴覚文化研究会~」商品ページ
                http://marine.shop-pro.jp/?pid=6324842
●アニメイトTV WEB内「げんちょけん」ページ
                http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_index.php?option=com_content&view;=article&id;=114:114&catid;=102:game-news&Itemid;=43

©2007 木尾士目・講談社/コミフェス準備会
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ