話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
◆パワープッシュ◆
声優警察 第79回 『新世界より』 種田梨沙さん(渡辺早季役)
【直筆サイン入りポラをプレゼント!】 いよいよ第3部へ突入!注目アニメ『新世界より』の主人公・渡辺早季役の種田梨沙さんに団長が事情聴取を敢行! 初主演にして難関な役に挑む、種田さんが語る『新世界より』の今後の見どころとは…? 話題のED主題歌「割れたリンゴ」についても語っていただいた!
霜月はるかさん5thワークスベスト&ライブDVD同時発売記念WEB連動企画『想いのコンチェルト』全曲紹介&ワークスベストをALL解説しちゃおう! [Part.1]
2012年 11月 14日(水曜日)
ゲームやアニメなど多数の作品で歌い、TVアニメ『薄桜鬼 黎明録』ED曲の作曲を手掛けるなどソングライターとしても活躍中の霜月はるかさんが、いろいろな作品で歌ってきた曲の中からセレクトしたワークスベストアルバム5枚目となる『想いのコンチェルト』が11月14日に発売!

 同日には6月30日に行われたファンタジーコンサートの模様を収録したライブDVD『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』もリリースされる。
 そこで『とれたて!ほびーちゃんねる』、『アニメイトTV』、『マイナビニュース』の3媒体でのWEB3媒体連動企画を実施! 過去4枚のワークスベストを各サイトごとに1枚ずつ振り返りつつ、『想いのコンチェルト』の全曲紹介もお届けしよう!


●みんなで作ったコンサートが心を打って『想いのコンチェルト』に


―今作のアルバムタイトルの由来と表題曲のテーマについて教えてください。

霜月さん:1枚目のワークスベスト『あしあとリズム』からやり始めた、表題曲をその時の音楽活動に対する自分の気持ちを込めて作詞作曲することは今も続いていて。今回は曲を作るにあたって自分と向き合ってみた時、6月30日に行われた『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』が大きくて。
このコンサートでは特にいろいろなスタッフさんが同時に動いていないとできなかったことが多かったんです。例えば私が歌っている間、後方で映像が流れていたり、照明のタイミングに合わせて動くとか、バンドさんにサイリウムを振ってもらってお客さんを誘導してもらうとか、みんながみんな、それぞれのポジションで協力しないと成功しなかったと思っていて。コンサート当日までリハーサルも綿密な打ち合わせも重ねたし、この日来てくれたお客さんのおかげで成立する演出もあったし、コンサートに関わってくれた皆さんそれぞれの人生や、良いものを創ろうという想いが会場に集まっているのを感じたんです。そんな素敵な場所を経験したことと、気持ちを一つにすることで生まれる奇跡のパワーを書き記したくて。
“コンチェルト”には“コンサート”や“協奏曲”という音楽的な意味のほか、“意志を一つにする”という意味もあって、このタイトルになりました。

●霜月さんらしいファンタジックな楽曲が多いが、トンガった曲も


―収録曲はどのように選ばれたのですか?

霜月さん:今までのワークスベストと比べても、候補曲が多くて、選ぶのが大変でした。だから15曲と収録時間ギリギリまで攻めました(笑)。収録曲は、まず3年ぐらいさかのぼって候補曲をすべて聴いてみて、ファンタジックな曲、ポップな曲、アップテンポな曲など、自分のカラーがまんべんなく出るように選びました。

―アルバムを通して聴いてみると、ファンタジー系だったり、さわやかな雰囲気の曲が多いかなと思いました。

霜月さん:元々、タイアップのゲーム自体が、ファンタジー系の作品が多かったこともあって、確かにファンタジックな曲が多いかもしれませんね。
 下村陽子さんや伊藤賢治さんという、私がユーザーとしてプレイしていたゲームの曲を作っていた方とのコラボ曲が結構あって。RPGの曲となると自然とファンタジックな曲を書かれる方も多いですね。なるけみちこさんもそうですし、初コラボの佐藤天平さんも。  
更に私のオリジナルファンタジーボーカルマキシシングル収録の「水を映す者」もファンタジーそのままですし。

―ポップな曲は、数は少ないけど、かなりトガっていますね。

霜月さん:そうですね。例えば「a little more」(PC『Strawberry Nauts』主題歌)や「unnamed place」(PC『Hello,Good-bye』ED主題歌)など、アップテンポなトランス系だったり、四分打ち系だったり、私の曲として珍しいので印象的です。あたたかいバラードが好きな人には「星屑」(PC『クドわふたー』ED主題歌)は気に入っていただけるのでは。
 ポップな曲、かわいい系の曲もあるし、バランスは考えたつもりですが、全体的にふわっとした、やさしい曲が多いかも。でも、そこも私らしいのかなと思います。

●ジャケットのコンパスちゃんの物語とシモツキンぬいぐるみに注目!


―遂に3DS用ソフトの曲(『ココロノカケラ』は3DS用ソフト『アンチェインブレイズエクシヴ』のED主題歌)も収録されましたね。

霜月さん:今回、コンシューマー作品の曲も多いですね。ワークスベストの収録曲をそれぞれ見比べていくと、ゲームハードが移り変わっているところに時代を感じますね(笑)。次は『VITA』や『Wii U』の曲が目標かな。

―ジャケットの印象も含めて、秋っぽいアルバムだなと。

霜月さん:(笑)。ジャケットのイラストはティームエンタテインメントさんから発売のワークスアルバムでいつも描いてくれているTivさん作です。キャラは『音のコンパス』から続いているコンパスちゃんで、私の声のイメージで描いてくれています。実際、私の声と絵の雰囲気の相性もいいし、コンパスちゃんが歌っていても成立するように表題曲を書いているところはありますね。
 私の中でなんとなくコンパスちゃんにもストーリーがあって、『音のコンパス』から始まった彼女の旅が、『導きのハーモニー』で短期留学して、今回は彼女が通っている学校での、街を挙げての収穫祭というコンセプトで。民族衣装で、音楽祭みたいな雰囲気でとお願いしました。だから秋口のイメージというのは正解です。あと私の趣味で毎回、オカメインコは入れてもらっています。最近頼まなくても入れてくれてたり(笑)。

―完全生産限定盤には霜月さんのマスコットキャラ、シモツキンのぬいぐるみ付きなんですね。

霜月さん:シモツキンは白くて、赤い蝶ネクタイを付けた、夢と音楽が詰まったタマゴという設定のマスコットキャラです。私のサイトやTwitterのアイコンにいるし、ライブグッズとしてぬいぐるみが販売されているので、ファンの方にはだいぶ認知されていると思うんですが、これを機会にたくさんの方のお手元に届けてしまおうと。音符を抱えているシモツキンで、ストラップとしても付けられます。しかも通常盤と300円しか違わないので絶対こちらのほうがお徳ですよ! ぜひカバンや携帯電話などに付けて、「あっ、シモツキン!」とファンの方同士でつながっていただけたらいいなと思っています。



★『想いのコンチェルト』収録曲全曲紹介(1)

M1.「-HISTORIA-」(DS『ラジアントヒストリア』主題歌)
作詞・作曲・編曲:下村陽子
茶太さんのコーラスをお手伝いした時に初めて下村さんとご一緒して、私といずれコラボしたいと思ってくださったらしく、このお仕事をいただいて。下村さんは『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』など、自分でもサントラ盤を買うくらい好きな作曲家さんだったので、コラボできたのはすごくうれしかったです。下村さんが持っているスパニッシュな雰囲気のある楽曲も大好きだったので、情熱的でありながら、せつなさも含んだ、下村節がすごく効いた楽曲で、歌っていて幸せでした。ゲームもすごくおもしろくて、最後に自分の曲が流れるところまでプレイしましたが、ストーリーもせつなくて、EDに至るまでの思い入れも含めて楽しめて。自分の歌ながらいちユーザーとしても思い入れを持っている曲です。
 自分の歌の代表的なカラーである、せつなさ成分とファンタジックな要素が入った、この曲からアルバムを始めようと1曲目にもってきました。


上部プレイヤーの再生ボタンを押すことでお楽しみ頂けます


M2.「翼を持たない少女」(PC『翠の海-midori no umi-』1st主題歌)
作詞:marie 作曲・編曲:MANYO
『翠の海-midori no umi-』はCabbitさんというゲームブランドの記念すべき1作目で、そのOPを歌わせていただくことは光栄に感じました。ゲームの世界観は、森の中の洋館を舞台にした、どこか怪しいミステリーチックなお話で、この曲も世界観とリンクしていて、一見きれいなんだけど、実は裏で何か潜んでいるミステリアスさがあって。歌う時もAメロ、Bメロときれいなところは透明感を意識して、サビで出てくる激情的なところは極端に出そうと。marieさんとは普段は歌い手同士で交流があるけど今回、作詞してもらってのコラボは初だったので楽しかったです。


上部プレイヤーの再生ボタンを押すことでお楽しみ頂けます


M3.ココロノカケラ(PSP/3DS『アンチェインブレイズ エクシヴ』ED主題歌)
作詞・作曲:霜月はるか 編曲:安瀬聖
11月29日発売のゲームのED曲なので、先行してフルでお聴きいただくことになります。ゲーム発売前であり、ED曲ということで詳細をお話しすることができないんですけど(笑)、シーンを盛り上げつつ、EDに至る経緯を思い起こさせられるように私なりに曲を作りました。安瀬さんとは、maoちゃんが歌っていたTVアニメ『薄桜鬼 黎明録』のED曲「花のあとさき」で、私が作曲、安瀬さんが編曲という形で初めてご一緒して以来、2度目になりますが、実はほぼ同時期に作っていて。安瀬さんの女性らしい、やわらかいアレンジが魅力的で、この曲も作曲した段階で綺麗めなコーラスのちょっとせつなげな雰囲気が出したかったので、安瀬さんにお願いするのがいいかなと。私が表現したかった、繊細かつ、やわらかく、せつなさを含んだ部分をより盛り上げていただいて、究極にせつない感じに仕上がりました。ゲームの中で流れるのを私も楽しみにしています。


上部プレイヤーの再生ボタンを押すことでお楽しみ頂けます


M4.「a little more」(PC『Strawberry Nauts』OP主題歌)
作詞:日山尚 作曲・編曲:東タカゴー
曲自体はPCゲームの曲らしい、アップテンポでかっこよくて盛り上がる、OPらしい曲ですが、私自身がこういう曲をあまり歌ったことがなくて。早口の部分とか難しくて、苦労したんですが、ゲームが発売されると人気のある曲になって、「ライブで聴きたいです!」という声をたくさんいただいたので今回絶対入れようと。タカゴーさんの曲はサビに向けて盛り上がるし、テンションも上がって。ゲームのOPムービーが道路を走っている映像で、この曲を流しながら車で高速を走ったら、OPムービーを体感しているみたいで、ものすごくテンションが上がりました(笑)。


上部プレイヤーの再生ボタンを押すことでお楽しみ頂けます


M5.「君と見る夢」(PSP『エルクローネのアトリエ』ED主題歌)
作詞:日山尚 作曲・編曲:MANYO
日山さんMANYOさんとの“ひやまにょつきん”3人のコラボですが、お仕事ではあまり組んでいなくて、それまでだとオンラインゲーム『メイプルストーリー』のテーマ曲「始まりのstory」くらいだったので、任せていただけてうれしかったです。乙女ゲームのED曲ということで、二人の想いと幸せを描くような詞に、MANYOさんが得意の温かくて、メロディアスなメロディー。港町を舞台にした作品らしく、風を感じる楽曲になりました。歌う側としても雰囲気を壊さないように、温かく表現しようと心がけて歌いました。


上部プレイヤーの再生ボタンを押すことでお楽しみ頂けます



●2枚のファンタジーボーカルアルバムをステージで表現した『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』


―『想いのコンチェルト』と同日に、前述の『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』のDVDもリリースされます。

霜月さん:私は、歌と音楽でファンタジーストーリーを描くオリジナルファンタジーボーカルアルバムシリーズをライフワーク的に制作していますが、『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』は私と日山尚さんの共同企画2作目にあたる『グリオットの眠り姫』と、今年4月にリリースした『零れる砂のアリア』の2枚のアルバムを全曲、曲順通りにパフォーマンスしつつ、その世界観をステージ上で表現したコンサートです。
『グリオットの眠り姫』ステージは舞台ならではの演出で1つのお話として見せられるように心がけながら作っていて、歌や演奏だけでなく、ドラマCDで演じていただいた声優さんにもナレーションでご協力いただいたり、キャラクターを感じられる映像・照明などにもこだわりました。『零れる砂のアリア』も『グリオットの眠り姫』の少し前の時間軸を描いた組曲で、2ステージ合わせてどっぷり『グリオット』の世界を体感していただけたと思います。


―コンサートは2部構成で、1部の『グリオットの眠り姫』だけでもかなりのボリューム感ですよね?

霜月さん:曲数も多いし、時間数も1時間半くらいあるし。私も映像をチェックしていて、1部を見ただけでも映画1本見た感覚でしたからね(笑)。

―また2部の『零れる砂のアリア』も30分以上の組曲をステージ上で実演していて。しかも各曲の作曲家が実演するという豪華さで。

霜月さん:アルバムリリースする時にはこのコンサートは決まっていたので、アルバムを制作しながら「コンサートでできるのかな?」とは思ったことは確かです(笑)。でもせっかく『グリオットの眠り姫』のコンサートをやるんだし、たぶん『零れる砂のアリア』単独でコンサートをやることはないだろうからこの機会にやろうと決断しました。でも大変だし、上演時間も長くなってしまうので、MCも極力削って、とにかく見せるコンサートにしようと。でもゲストに作曲家さんに出てもらいたいなという気持ちはCDを制作する時からあって、「ライブで、ゲストで出てほしいので自分が弾ける楽器で、ソロを弾けるフレーズを作ってください」とお願いしていました。実際にステージで一緒にメロディの一部を奏でてもらえて、うれしかったです。こういう試みはこの先、できるか、わからないので、私自身のメモリアル的な面でも映像化できて良かったです。作品に合わせて衣装も作っていただいたので、映像作品としても自信を持ってお届けできる内容になったかなと思っています。

●2013年1月にコラボレーションライブを開催!


―ちなみにリリース日はお誕生日の前日なんですね。

霜月さん:11月にリリースするなら誕生日に近い日がいいなと。人生の中で、アルバムとDVDが同時発売することって、そうそうないですからね。自分ごほうびみたいな(笑)。

―お名前が“霜月”なのに、11月に自身の名義でメジャーCDをリリースしたことがこれまでなかったようで。

霜月さん:ええ!? そうでしたか? 全然気付かなかった! 11月にはライブを結構やってるんですけど。これだけ初めてが重なると、もうシモツキンフェスティバルですね!(笑) 
 あとアルバムとDVDを購入すると、封入されている応募券の応募特典として、私のWEBラジオ『霜月はるかのFrost Moon Café+』の特別版新録CDプレゼントもありますのでこちらもゲットしてみてはいかがでしょうか?(笑)

―では今後の予定をお聞かせください。

霜月さん:日山尚さん、MANYOさんとのタッグ、通称“ひやまにょつきん”のコラボレーションライブを2013年1月19~20日に川崎・クラブチッタで行います。私自身、2DAYS公演は初めてなので楽しみです。内容はここ1年半の間、3人で作ってきた自主制作CDの集大成、『蝶ノ在リ処』というアルバムを夏コミで出しまして、そのアルバムを中心にお送りすると思います。また『蝶ノ在リ処』にボーカリストとして参加してくれた真理絵さんもゲストで来ていただけるので、二人で歌った曲も多いので、たっぷりツインボーカル曲も聴いていただこうかなと。また過去10年くらいMANYOさん、日山さんと作ってきた曲、ライブでやっていない曲も多いのでまとめて聴いていただけます。

―2DAYSですが、それぞれ内容は違うんですか?

霜月さん:1日目は夜のみバンド・ライブ、2日目は1部と2部に分かれていて、1部はトーク&アコースティックライブ、2部はバンド・ライブを通しで見られます。
 コラボレーションライブと題したのも初で、今までソロライブのレベルアップシリーズ、『ティンダーリアの種』、『グリオットの眠り姫』など幻想物語を表現するファンタジーコンサートなどをやってきましたが今後、作品や人とのコラボレーションライブもやっていきたいと考えていて、その第一弾にもなります。会場でお待ちしてます!

★ワークスベストプレイバック Part.1
●1stワークスベスト『あしあとリズム』(2005年9月22日発売)



―初のワークスベストをリリースしたのはどんな時期でしたか?

霜月さん:ソロでの自分名義でのメジャーデビューCDでもあります。このアルバムをリリースした2005年はいろいろなことがあって、まず勤めていた会社を退社して。それまでは会社で働きながら並行して歌のお仕事をしていましたが、このアルバムのお話をいただいたことと、アニメの楽曲を歌うお仕事が重なったので音楽一本でやっていこうと決意しました。

―それまでもたくさんの曲を歌われてきたと思いますが、収録曲はどのようにセレクトされたんですか?

霜月さん:趣味で歌っていた時は自分が好きなタイプの曲……ファンタジーソングを歌っていましたが、お仕事ではそれまで歌ったことのないタイプやジャンルの曲に触れる機会が多くて。特にこの頃は駆け出しで、自分の引き出しも少なく、毎回がチャレンジでした。例えばコーラスで全体を包み込むような曲だったり、少女っぽさを出してポップに歌う曲だったり、ブルガリアンボイスなどを使った民族調の曲だったり、いろいろなオーダーに応えながら、私もボーカリストとして成長させてもらえた時期でした。
ですから選曲にあたっても自分のいろいろなカラーが見えるアルバムにと意識しました。
「白夜幻想譚」(PS2『イリスのアトリエ エターナルマナ』OP主題歌)はブルガリアンボイスの歌唱法を初めて用いた曲で、現場で「こういうふうに歌ってみてください」から始まったおかげで、それ以降、ブルガリアンボイスという引き出しを使うことが増えて。
あとゲーム曲で初めて作詞した「夏の羽音」(PC『あした出逢った少女)主題歌』とか、今ではタッグを組むことが多いMANYOさんと初めてご一緒した「恋獄」(PC『カルタグラ~ツキ狂イノ病~』主題歌)など、今につながるルーツになっているアルバムだなと今、改めて思います。

―1曲目にいきなり民族音楽色が強い「白夜幻想譚」で、初めて霜月さんの曲を聴く方にはかなり衝撃があったのでは?

霜月さん:そうかもしれませんね。この曲で私を知ったという方も多くて。それまでに作っていた同人の楽曲ではきれいな部分、すっと入ってくるようなファンタジックな雰囲気を意識してきて。この曲ではすごくクセがある歌い方で、民族調と言ってもここまで土着的な曲はやったことがなかったので、世に出るまでドキドキしていたのを覚えています(笑)。
 今では私のカラーの一つになっているし、この曲がなかったら今のアーティスト性もなかったのではと思っています。

―「Silent Flame」(PC『魔王と踊れ!-Legend of the Lord of Lords-』主題歌)もかなり人気の高い曲のようですね。

霜月さん:歌詞がすごく印象的な曲で、世界があなたの敵だったとしても私はあなたの味方です、というような献身的かつドラマチックさに魅かれる方が多いみたいです。サビのメロディも印象的で、ライブでも割と歌っています。
―「セカイハカガヤク」(PS2『キノの旅-the Beatiful World-』主題歌)など12曲中8曲で作詞、「遠い伝承歌」(PC『Relict~トキの忘れもの~』OP曲)など3曲で作曲しています。
まだ自分がお仕事で作った曲があまりなかったし、ソングライターとしての自分も少しずつ入れ込みたいと思って、アルバムに意識的に収録させていただきました。「遠い伝承歌」は民族調の私のカラーを活かせて作らせていただいていますね。『Relict~トキの忘れもの~』もファンタジー作品で、ゲーム中のBGMも担当させていただいたので印象深い曲のひとつです。
でもこのアルバムだけに限らず、今の自分の中でも重要な位置を占めているのは表題曲の「あしあとリズム」です。この曲を作るまで作品とは関係ない、自分の気持ちを素直に歌詞にしたことがまったくなかったんですが、1曲新曲を書かせていただけることになって、やってみようと。会社を辞めて、音楽の道を志そうと踏み出せたのは、支えてくれるファンの方やスタッフの皆さん、周りの方のおかげと、感謝の気持ちが強くて。このアルバムに限らず、一つひとつのお仕事が音楽のあしあとで、それを1つずつカバンにつめながら少しずつ歩いていこう、これからもあしあとを残しながら進んでいこうという気持ちを書きました。収録スタジオに向かう電車の中で歌詞をかみしめて泣きそうになり、レコーディングでは感情移入し過ぎて、半泣き状態だったのを覚えてます。その後もライブで歌うたびに泣いて、恒例になっている時期もありましたけど(笑)。
今でも共通している気持ちですが、音楽活動一本で行く不安はあるけど、みんなと一緒に進んでいくんだという気持ちがこもっている曲なので、今でもライブで歌うとじーんときます。


―全体的にゆったりした曲調の楽曲が多くて、聴いていて心地よさを感じました。

霜月さん:確かに「白夜幻想譚」はアグレッシブだけど、全体ではふわっとした曲が多いかもしれませんね。
ちなみに、この頃から私の歌は睡眠導入ソングと呼ばれてました(笑)。どのアルバム聴いても、声の性質か成分からか、眠気を誘うらしく、寝る時に聴きますという方もすごく多いですね、今でも。でも心地よさを感じてもらえるのは歌い手としては幸せですし、私自身もCDを聴いてて途中で眠くなったりするので(笑)。
 この時は自分の音楽や個性が見え始めたかなという時期で、さぐりさぐり歌っているのでアルバムになって、「私のカラーってこうだったんだ」と気付かせてくれたアルバムでした。

―あとこのワークスベストの注目ポイントは?

霜月さん:今でも気に入って聴いてくださっている方が多くて。録音物って、その時にしか出せない色があって。声が若いのは当然として(笑)。今の自分ではこう歌えないな、このニュアンスは出せないなというのがものすごくあって。ガムシャラ感もあって、今なら落ち着いて歌える曲でも、鬼気迫る感じだったり。たぶん、全力でぶつかって、それしかできなかったんですね。でもそれが表現としておいしかったり、その時にしか出せなかったりするので、荒削りで体当たりしたアルバムですが楽しんで聴いていただければ。
(Part.2「マイナビニュース」編へ続く)


霜月はるか『想いのコンチェルト』
●発売日/2012年11月14日発売
●価格/
 完全生産限定盤(シモツキンぬいぐるみ限定ver付) 3,465円(税込)
 通常盤 3,150円(税込)
●発売/ティームエンタテインメント
●『想いのコンチェルト』公式サイト/
http://www.team-e.co.jp/sp/omokon/


ライブDVD『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』
●発売日/2012年11月14日発売
●価格/5,775円(税込)
●発売/ティームエンターテイメント
●『Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012~FEL FEARY WEL~』特設サイト
http://www.team-e.co.jp/sp/ofc2012_dvd/


『Haruka Shimotsuki Collaboration Live 2013~ひやまにょつきんまみれ2days~』
2013年1月19日(土)17時開場 18時開演
   1月20日(日)13時開場 1部 14時開演、2部 17時開演
●会場/川崎・クラブチッタ
●出演/霜月はるか、日山尚(20日1部)、MANYO(20日1部) 
●ゲスト/真理絵(19日、20日2部)
●チケット(全席指定)/
 1月19日(土)1日券5,250円(税込・ドリンク代別)
 1月20日(日)1日券6,800円(税込・ドリンク代別)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて発売中。

【関連リンク】
●『Haruka Shimotsuki Collaboration Live 2013~ひやまにょつきんまみれ2days~』公式サイト/
http://shimotsukin.com/live_hmt/
●霜月はるか公式サイト/
http://shimotsukin.com/
●霜月はるかWEB連動企画 Part.2「マイナビニュース」/
http://news.mynavi.jp/articles/2012/11/14/shimotsuki/
●霜月はるかWEB連動企画 Part.3「アニメイトTV」/
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1352776649

【この記事に関連するアイテムを今すぐチェック!!】(リンク先:Amazon)


 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ