話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
『オトコのコはメイド服がお好き!?』 オトコのコのナイショ♥第4-1回
【読者参加型企画、好評展開中!】
カスカベアキラ先生描きおろし『プライベートフォトイラスト』がプレゼントされる読者参加コーナー『オトコのコのナイショ』! 四男リオくんの密かな楽しみ、それは…。やっぱりリオくんだってオトコのコなんです! コミックでは、久々登場のシズカさんの予想外の高スペックぶりが明らかに!?≫続きを読む

  • 「いちばんうしろの大魔王」特設コーナー
  • 「いちばんうしろの大魔王」特設コーナー
  • 「いちばんうしろの大魔王」特設コーナー
  • 「いちばんうしろの大魔王」特設コーナー
  • 「いちばんうしろの大魔王」特設コーナー
『百花繚乱』コミックに続き、新作『でんわのクロちゃん』が「ほびーちゃんねるコミックコーナー」に登場!
 「ほびーちゃんねるコミックコーナー」がオープン! 連載コミック第一弾『百花繚乱』コミックに続き田中久仁彦先生の新作コミック『でんわのクロちゃん』の連載が決定!
2010年6月18日 更新『でんわのクロちゃん』予告4コマ
Slideshow Image 1
Slideshow Image 2
Slideshow Image 3
Slideshow Image 4
2010年春公開 新時代特撮『プランゼット』 キャスト陣アフレコインタビュー
2010年02月19日(金曜日)
2010年春、テアトルダイヤ、テアトル新宿他にて全国公開予定の粟津順監督の最新作『プランゼット』のキャストがいよいよ発表!今回は、主演キャストの宮野真守さん、石原夏織さんらにインタビューを決行!


 新海誠監督作品のプロデュースを始め、インディーズアニメーションを数多く手がけるコミックス・ウェーブ・フィルムの製作・配給による、粟津順監督の最新作『プランゼット』のキャストが決定!
 主人公の明嶋大志役に宮野真守さん、その大志の妹・明嶋こよみ役に石原夏織さん、その他のキャストも竹内順子さん、津田健次郎さん、寺崎裕香さん、岩崎征実さん、屋良有作さんと実力揃い!今回はそんな『プランゼット』に出演するキャストの皆さんに、収録の感想や作品の見所などを語っていただきました。

<ストーリー>
 2053年。突如宇宙より現れた謎の生命体の侵略により人口の大半を失った地球。人類の反撃作戦がことごとく失敗に終わる中、日本方面軍・富士基地では敵拠点を叩く最終作戦「プランゼット」が計画される。
 ロボット兵器の搭乗員・明嶋大志は失敗の許されない本作戦で基地の死守を命じられる。その戦いを前に、大志はたった一人の家族である妹のこよみを安全な火星へと避難させる。
人類の存亡をかけた作戦「プランゼット」がついに始動。出撃した大志たちは圧倒的な数の敵と対峙する。はたして人類は滅亡の危機をどう戦えるのか―。


上段左より、田崎剣役:津田健次郎さん、佐河佳織役:寺崎裕香さん、吉澤ユウラ役:竹内順子さん、吉澤方面総監役:屋良有作さん
下段左より、明嶋こよみ役:石原夏織さん、明嶋大志役:宮野真守さん、明嶋孝志郎役:岩崎征実さん


―――収録を終えての感想をお願いします。

宮野さん:CGアニメーションに声をあてるのは初めてでしたが、独特の空気感があり、新鮮な気持ちでお芝居をすることができました。

石原さん:私もCGアニメーションの収録は初めてということもあり、色々と難しいところもありましたが、こよみちゃんと私の年が近いということもあり、自然体で演じることができました。

竹内さん:軍人役で隊長という役は初めて演じました。女性でこういう立場に立つ人は本当に大変なんだろうなと思いながら演じています。きっと素晴らしい作品に仕上がっていると思うので、ぜひ観に来て下さい。

津田さん:この作品は、リアルに描かれている一方で、どこか非現実的だったりと不思議な世界観を持っています。頑張ってその世界の中で生きていけたらなと思っています。期待させる何かがある作品です。宜しくお願いします。

寺崎さん:私もCGアニメーションの収録は初めてでしたが、普段のお芝居と同じようにナチュラルなお芝居を心がけました。

岩崎さん:僕ぐらいの年代の人にとっては懐かしい、若い人にとっては逆に新鮮な感じがするであろう昭和テイストの建物がちょこちょこでてきます。より良い作品になるように、精魂を込めて演じましたのでぜひご覧になってください。

屋良さん:私はナレーションをさせて頂きましたが、皆さんのお芝居を聞きながら、リアルで良いなあと思っていました。映像も、CGはこんなにリアルなものかと何回も観入ってしまいました。きっと素晴らしい作品に仕上がると思うので、お客という立場でも楽しみな作品です。ぜひ皆さん、観に来て下さい。

―――収録時に特に意識したことを教えて下さい。

宮野さん:映像が、すごく自然でリアルなお芝居をしてくれているので、そこに文字通り息を吹き込みたいなと思いました。だからこそ、“呼吸感”というものをすごく大事にしました。息遣いだとか、生きている感じを意識して演じました。

石原さん:私が演じているこよみちゃんは、7歳と13歳の時のシーンがあるのですが、7歳と13歳のときの心情の違いを表現することを大事にしました。お兄ちゃんとの兄弟愛をぜひ観てほしいです。

竹内さん:映像が本当に息しているように見えるんです。本当に自然な映像なので、息を吸ったり吐いたりといった音こそ出ないけれど、“呼吸感”というものは意識しましたね。

津田さん:作品独特のリズムを掴むのに苦労しました。全編に流れる作品のシリアスな世界観がある一方で、会話は普通であるというギャップがあります。そういったリズムを上手く掴むことを意識しました。

寺崎さん:私の演じる佳織ちゃんは、九州から出てきたので九州弁を話します。私も九州出身ですが、九州弁を思い出すのに苦労しました(笑)。そういった共通点もあってか、自分と重ねて演じた部分があります。思い入れの熱いキャラクターです。

岩崎さん:この作品の根底に流れているものに「家族愛」や「兄弟の絆」といったものがあります。それは決して表面的なものではなくて、離れていても、仮に居なくなってしまっていても、奥底に流れているものです。僕の演じる秋嶋孝志郎は、主人公・大志の思い出の中に登場しますが、兄弟愛や、軍隊の同僚との絆といったものが見所です。ぜひ注目して観て頂きたいなと思います。

屋良さん:やはり皆さんがおっしゃるように、“呼吸感”は大事ですね。皆さんの邪魔をしないように、“息”を特に意識して演じています。


―――それぞれの演じるキャラクターの紹介をお願いします。

宮野さん:大志は特に不自由のない恵まれた環境で育った人物です。そういうこともあって、自分の人生を楽観視しているところがありました。しかし実際には、世界の運命がどんどん変わっていって、それをきっかけに軍隊に身をおくようになります。そこで色々な人と出会い、事件が起こって、自分の生きていく方向を見つけていきます。大きな心の変化で生きていくというよりも、誰にでもある“何か見つけられたら良いな”ぐらいの些細な心境の変化が彼の行動に繋がっていけば良いなと思いながら演じています。監督からも、「普通の子が普通じゃないことに巻き込まれてしまうために起こる心情の変化を大事に」と言われたので、そういうところを演技に出していけたらなと思っています。

石原さん:7歳のこよみちゃんは、お母さんがいないので家族で唯一の女の子です。だから、とてもしっかりしています。ダラけているお兄ちゃんを見ると、何やってるのよ!と上から見たりもします。お父さんに対しては尊敬しているところがあり、いつも良いところを見せようとします。そういうところは、ちょっとずる賢くて、ある意味女の子らしいなと思います。13歳になるとお兄ちゃんと離れて暮らすことになるのですが、成長したお兄ちゃんを見て、“昔のお兄ちゃんが良かったな”と思うこよみちゃんがいたりします。そういった兄弟の心の距離感を大切に演じたいと思います。

竹内さん:“クールビューティー”、“キャリアウーマン”というのが彼女の印象だと思います。しかし、彼女自身は、自分の居場所を探すためにしゃかりきに頑張っている人間なんじゃないかと思います。そのしゃかりきに頑張る方向が、ちょっと攻撃的になりやすいタイプです。話の途中で大きな挫折を迎えることになりますが、第2弾ではきっと彼女の可愛らしいところがでるんじゃないかなと、第2弾があることを期待しながら(笑)思っています。

津田さん:ワイルドで自由な空気が漂う男だと思います。セリフの端々に重いシリアスなものを抱えていたりします。一匹狼かと思いきや、大志に対しては温かいものを感じていたりもします。そういうものが実は軸になっているキャラクターで、かっこいい男だなと思います。

寺崎さん:佳織ちゃんは、すごく純粋でまっすぐで明るい女の子だと思います。佳織ちゃんのお兄ちゃんは、佳織ちゃんたちが乗るGLというものを作って死んでしまうのですが、お兄ちゃんの想いを理解したいという一心で、東京に来てしまうという行動力と芯の強さがあります。何も考えずに来てしまうっていうところがすごく可愛いなと思いますね。

岩崎さん:監督から、孝志郎は実は20年ぐらい前に地球の危機を救った伝説のパイロットだと聞きました。軍人としてはすごく名誉のあることですが、仕事にばかり熱心で、家庭を疎かにしてしまい奥さんはいつの間にかいなくなってしまいます。そんな環境のせいか、大志とこよみちゃんに対して、どういう風に接したら良いのか悩んでいる節があります。冒頭のシーンで、こよみちゃんが出掛ける父親に御守りを渡そうとするシーンがあるのですが、ちゃんとした話も出来ないまま父親が出ていって、そのまま死んでしまったということが2人の心の中にどういうふうに残っているのか、というところは、演じながらも色々と考えました。頑固で口下手ですが、昭和の良い男だと思います。

屋良さん:作品の舞台は近未来ですが、28年前、怪獣襲撃事件を収束に向かわせたということで英雄と言われている人物です。正義感のある人間で、統率力もあるタイプです。ただ名誉が欲しいというわけではなくて、地球を愛し、人々を愛し、未来を託すとても優しく大きい人間であると思います。その辺りのことを、言葉の中に感じられるような演技ができたらと思っています。

―――宮野さんと石原さんのお二人にお尋ねします。それぞれが演じるキャラクターと、似ていると思う点はありますか?

宮野さん:ダラしないところかもしれないです(笑)。あとは、石原さんとの実際の年齢差です。劇中の2人の空気感を実際に感じながら演じることができました。

石原さん:似ているところは、ちょっとしっかりしているところです(笑)。私とこよみちゃんは大きく違うところがあまりなかったので、自然体で演じることができました。

―――最後に、作品を楽しみにしている皆さんへのメッセージをお願いします。
宮野さん:新時代の特撮ということで、ご覧になったら衝撃を受けると思います。作品を好きになってもらえる面白い要素が沢山詰まった作品です。内容も、皆さんがおっしゃっていたようにとても魅力的で、地球外生命体との戦いでありながらも人間ドラマがしっかり描かれている作品です。きっと観終わったときに、心に残るものがある作品だと思いますので、ぜひ公開を楽しみにしていて下さい。


プランゼット
2010年春 テアトルダイヤ、テアトル新宿他 全国公開

<スタッフ>
監督/粟津順
CGディレクター/宮原眞
CG制作/河合完治、竹内良貴
マットペイント/丹治匠、島田美菜子
制作協力/白組、太陽企画、マリンポスト
音楽・効果/寺沢新吾
配給/コミックス・ウェーブ・フィルム
製作/コミックス・ウェーブ・フィルム、メディアファクトリー


【関連リンク】
●『プランゼット』公式サイト/http://www.planzet.jp/

【この記事に関連するアイテムを今すぐチェック!!】(リンク先:Amazon)

©Jun Awazu/MEDIA FACTORY/CoMix Wave Films
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ