話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
◆パワープッシュ◆
絆が運命を変えるRPG 『アンチェインブレイズ エクシヴ』 総力特集【第3弾】
【DLC配信&読プレ実施中】ついに本日発売となった『アンチェインブレイズ エクシヴ』特集3弾では、公式サイト×ほびちゃコラボによる、SPダウンロードコンテンツ(PC用壁紙&Twitter用アイコン)を配信! さらに記事内でソフトを2名様にプレゼント!
KOTOKO初の単独武道館ライブ!"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』レポート!
2010年 2月 04日(木曜日)
歌手としてデビュー10周年を迎えたKOTOKOが、これまでの感謝の気持ちを込め"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』と題し、1月23日に日本武道館で初の単独ライブを行った。

 今回のライブは、これまでゲームの主題歌や『灼眼のシャナ』『ハヤテのごとく!』といったアニメーション作品、『リアル鬼ごっこ』『アサルトガールズ』などの実写映画の主題歌を担当してきたKOTOKOが、歌手デビュー10周年、2004年にメジャーデビューをして5周年という節目となるライブでもあり、新旧織り交ぜたセットリストでファンを楽しませた。

 会場にサイレンが鳴り響き、音に合わせるように観客がサイリウムを力強く振ると、ゲスト(?)のOuterが登場し『Synthetic Organism』『Ha!!!ppiness』を披露。オープニングからハードロックな曲をお見舞。KOTOKO自身も激しいヘッドバンギングで会場のテンションはいきなりマックスへ。

 2曲を歌い終えるとスクリーンにはこれまでのPVがチューニングされるかのように映し出され、最後に白い羽が舞い落ちると、天使の羽が付いた真っ白な衣装に身を包んだKOTOKOが登場。美しいピアノのイントロが流れ『Close to me...』を歌い上げた。


 この曲はKOTOKOがボーカリストとしてデビューした記念すべき楽曲であり、KOTOKO自身も特別な曲と話していた。さらに4曲を歌い上げたあと「ワンマンでの武道館ライブで緊張していますが、最後まで精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!」と挨拶すると観客も大きな声援でそれに応えていた。


 MCで「遊園地で色々な乗り物に乗るような感じのライブにしたい」と話した今回のライブ中盤には、キュートなKOTOKOがバトンを手に登場し『さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~ 』『きゅるるんKissでジャンボ♪♪』『I need magic ~解けないマジ☆キュン♪~』と“きゅんきゅん3姉妹”を披露。“ドリームランド”と題されたこのコーナーでは、さらに『常識!バトラー行進』『めぃぷるシロップ』を、くま・うさぎ・ねずみ・カンガルーの4体の着ぐるみたちといっしょにステージをいっぱいに使い歌い上げた。まるで遊園地でジェットコースターに乗っているかのようなアップダウンの激しいジャンルのふり幅は圧巻そのものだった。

 ドリームランドのコーナーに続いていは、『master groove circle 2』(I'veサウンドの楽曲をクリエイター達がリミックスしたアルバム)の中で『Lament』をリミックスしたNS⇒GIFT氏が登場し、会場は一気にクラブモードへ。そのままの勢いで押井守監督作品の『アサルトガールズ』のテーマソング『SCREW』をKOTOKOが歌いロック色のステージを展開した。


 そして感謝の気持ちを伝えるのにどの曲を歌えばいいのか悩み、セットリストの提出が遅れてしまったというエピソードを紹介し、その中でもどうしても歌いたい歌・純粋に好きな曲ということで『Feel in tears』を披露。ラストにはKOTOKOのライブでは定番となっていた『覚えてていいよ』を熱唱すると、観客もその熱さに応えるように大きな声援を送っていた。

 アンコールではI'veのチーフクリエイターでありアーティストKOTOKOの生みの親である高瀬一矢氏もステージに登場。一緒に演奏するかと思いきや、ビデオカメラを手にライブの様子をずっと撮るその姿に会場からは笑いが溢れていた。

 MCで「10周年ということもあり色々なカラーのKOTOKOを聴いてもらいたい」と話していたとおり、衣装も黒く格好いいKOTOKO、白く天使のようなKOTOKO、パステル調のPOPなKOTOKOなど様々な色のKOTOKOが見られ、セットリストも、これまでのKOTOKOを振り返るべく組まれており、デビュー曲から最新アルバムである4枚目のアルバム『イプシロンの方舟』や最新のシングルの楽曲も選曲され、古くからのファンも、新しくファンになった人にも楽しめる構成となっていた。またライブスタートからアンコールを歌い終えるまでの間に何度も何度も「ありがとう」と感謝の言葉を述べ、これまで支えてきてくれたすべての人へ向け感謝の気持ちを伝えていたていたのが印象的だった。

 KOTOKOにとって初の単独武道館ライブ"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』は大成功で幕を下ろし、ひとつの節目を越えたKOTOKOの今後の活躍に期待が高まるライブとなった。

<セットリスト>
Outer
 01.Synthetic Organism
 02.Ha!!!ppiness

KOTOKO
 03.Close to me...
 04.明日の向こう
 05.I can't get over your best smile
 06.茜空 ~それが僕らの世界だった~
 07.硝子の靡風 / 雨とギター (メドレー)
 08.限界打破
 09.羽 / UZU-MAKI (メドレー)
 10.BUCCANEER
 11.Collective
 12.さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~ / きゅるるんkissでジャンボ♪♪ / I need magic ~解けないマジ☆キュン♪~ (メドレー)
 13.常識!バトラー行進曲
 14.めぃぷるシロップ
 15.SCREW
 16.sensitive
 17.resolution of soul
 18.oblivion
 19.ε~Epsilon~
 20.421 -a will-
 21.Feel in tears
 22.being
 23.prime -"thank you" and "from now"-
 24.覚えてていいよ

アンコール
 01.Shooting Star / 涙の誓い / Wing my Way (メドレー)
 02.Face of Fact / Re-sublimity / 七転八起☆至上主義! (メドレー)
 03.Symphony ~星たちの詩~

●KOTOKO/http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/music/kotoko/
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ