話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
大好きなアノ娘といつでも一緒♪3D仮想空間『ai sp@ce』に注目&開発担当「株式会社ヘッドロック」に潜入!
【2ヶ月連続企画:第1回】『CLANNAD』・『SHUFFLE』・『D.C.II ~ダ・カーポII~』に登場するキャラクターたちと一緒に生活ができてしまう夢の空間『ai sp@ce』の実態を探るということで、一体この空間で何ができるのか?そして、何が行われようとしているのか?を2ヶ月連続でレポート♪
『ゾイドジェネシス レ・ミィ×コトナ Reflections』アフレコレポート!
2006年09月 11日(月曜日)
『ゾイドジェネシス』の物語が蘇る…。大好評の内、全50話の放送が終了となった『ゾイドジェネシス』をレ・ミィとコトナの視点に立って振り返る、『ゾイドジェネシス』のまさに「レ・ミィ×コトナ」版総集編ともいうべきDVDが登場!

  全編に本人達による新作ナレーションコメントを収録。勿論オープニングとエンディングはレミコト待望の新曲だ!そして、1st half/2nd halfの初回版にはそれぞれ豪華レ・ミィとコトナのフィギュア(ユージン製)が付いてくるのだ!そんな話題のDVD『ゾイドジェネシス レ・ミィ×コトナ Reflections』のコメンタリー撮りを終えられたばかりの、こやまきみこさんと伊藤静さんにお話しを聞くことができたのだ



●『Reflections』全編の収録を終えられたという事で、今回はどういう作品になるかというのを教えていただきたいと思います。

伊藤)コトナとミィが、楽しく茶化しつつ作品を振り返っていくという流れの総集編ですね。ミィとの掛け合いだったり、思わぬ人が登場したり…、基本は『ゾイドジェネシス』のストーリーをなぞりつつ、コメディ調の絡みも楽しめるという内容になってます。

こやま)本編では、コトナとミィがそんなに絡まなかったので、どんなやり取りをするんだろう?と思っていて、コメンタリーなのに、そのキャラを演じつつ…っていう不思議な感じになってます(笑)。

●TVアニメ終了後も『ゾイドジェネシス』という作品のシリーズが、どんどん展開されていますが、それについてのご感想は?

こやま)凄くありがたいことですし、嬉しいですよね。アニメのクールが終わった時点では、この先があるとは思ってなかったので。シングルを出させてもらって、アルバムの歌まで歌わせてもらって…、これからもずっと続いて欲しいなって思います。

伊藤)これまでは『ゾイド』として、玩具やゲームなんかのシリーズはずっと続いてきたんですけど、こういう風にキャラクターが前面に出てっていうのは無かったと思うんですね。TVシリーズの繋がりで、CDをリリース出来たり、今回のナレーションまでやらせて貰えるっていうのは嬉しいですね。こやまさんとも会えるし、今でもコトナを演じる事ができて楽しいです。

●総集編という事で、このエピソードが来たか!なんていうご感想はありますか?

伊藤)これは確実に入るとは思ってたんですけど、薔薇ザイリンですかね。結構長めの尺だったので、流石だな…と思いました。あれはもう、当時、自分達も「オイオイ!」ってなったエピソードだったので(笑)。あそこはきっとスタッフのこだわりだったんじゃないかと思います。

こやま)色んなキャラクターの面白いシーンが入ってます!どのキャラのファンでもお楽しみいただけると思うのでオススメですっ。

●お2人のナレーションの掛け合いが、結構毒舌でビックリしたんですが。

こやま)毒舌っていうか、ミィはちょっとカワイくない感じ?常に怒ってたり叫んだりしていて、ツンデレのツンが強くてデレがない感じ(笑)。

伊藤)特に最初ルージに対しては、「何なのよっ!」みたいなツンツン態度で。ミィは掛け合いが結構あったので、よくコロコロ変わるなぁと思って見てました(笑)。コトナは割りとボソボソっと喋ってどっかに行っちゃったりとか。

●今回、久し振りにご自分のキャラクターを演じられた感想はいかがですか?

伊藤)これまで歌ってきた曲の中にも台詞があったりしたので、あんまり久し振りな感じはしなかったですね、割とするっと入り込めました。今までにあまり無かったミィとの掛け合いで、コトナが軽くミィをからかうっていう感じ…それが思ってた通りに出来たので、楽しいなぁって思いました。(一同笑)

こやま)以前、歌のレコーディングをした時に、ミィの台詞を言ったんですけど、ミィじゃないってずっと言われてて…、忘れてるわけじゃないんですけど何故か出来なくて、きゃーって思ってたんですけど。今日は、画を見ながらやったので、すんなりミィの声が出てきました…。画って凄いなと、ビックリでした。

●DVDの初回特典として、レ・ミィ×コトナのフィギュアが付いてくるんですけど、このフィギュアについての感想がありましたらお願いします。

伊藤)これ、作った人のこだわりが凄いんですよ(笑)、パラオが取れるんで後ろ半分ぐらい出てるんですよ、明らかに。胸のボリュームが凄いよねとか、ずっと2人で話してました。

こやま)ずっとアフレコの待ちの時に、胸のところを触ってました(笑)。逆にお聞きしたいんですけど、コレを見て女性の方はどう思われるんですかね?私達オヤジ入ってるので…。

伊藤)女体大好きなので、我々は(笑)。胸だけゼリー状とかが良かったです。(一同笑)ミィは色気の「い」の字も無いんですけど、胃の出かたなんかが、凄い子供っぽくてリアルだなと。

こやま)凄いリアルですよね。腰のくびれとか。

●新曲についてはいかがですか?

こやま)私この歌好きなんです…(笑)。

伊藤)今までは、ラブだったりルージに対する曲だったんですけど、凄いカッコいい曲なのでバトルシーンに流したい感じですね。

●企画CDアルバムに収録されるドラマの内容については?

伊藤)後日談みたいな感じで、ミィとコトナの各々が皆と別れてから、ちょっと一人で物思いに耽って、ルージの事を考えていたら、そこにルージが来ちゃったみたいな内容です。私的には、ああ…コトナって、こんなにルージの事が好きだったんだ…!ぐらいラブな感じです(笑)。歌では凄い好きな感じが出てたんですけど、私の勝手な希望で言わせてもらうと、ラ・カンか、セイジュウロウあたりで何か関係が出来てくるのかな?って考えてたんでですけど、凄いルージラブになっていて、今までの歌の流れを汲んでいる内容のドラマに仕上がってますね。

こやま)一人でルージへの想いとかを語っていて…どんどん自分の気持ちに素直になってくるんですけど、でも最終的には「あんたなんてっ!」って素直じゃない感じのオチになりました(笑)。コトナとミィがそれぞれ延々と喋っているのと、2人の掛け合いのシーンが入っているので、かなり聴き応えはあると思いますっ。

●それぞれ声優として様々なキャラクターを演じられていますが、ミィとコトナはお2人にとってどういう存在ですか?

伊藤) 私はコトナみたいなお色気っぽいキャラクターが好きなので、凄く演じていて楽しいですね。最初はアニメとしての一年間だけだと思っていたので、こんなに長くやらせていただけるとは思ってませんでしたし、今でもこんな風に続けて居られるっていうのは凄く嬉しいです。できれば、おばあちゃんまで(笑)ずっと続けていきたいなぁって思うキャラクターですね。

こやま)今まで色んな役をやらせていただいて、それぞれ楽しい思い出があるんですけど、こんなに長いシリーズのアニメの役をやらせていただくのは初めてだったので、しかもレミコトのユニットを組んで、色んな場所でやらせていただいて、CDまで出せて凄いなぁって…。私達がゆっくりなのに、周りの展開していくスピードが凄い速かったです(笑)。ずっと一緒だったっていう意味でも、一番愛着が沸いているキャラですね。“ツンデレ”って私はあまり演じた事がないので凄い新鮮でもありました。これからもずっと好きでいると思います。

●レミコトがユニットを組んでデビューしてから一年になりますが、ファンの皆さんに向けてメッセージをお願いします。

伊藤)アニメが終わってもう半年経つけど、レ・ミィ、コトナというキャラクター達のパワーと、皆さんの応援があったからこそ、こんなに長く続けられていると思います。きっと皆さんも後日談が気になってると思うので、是非続編がやりたいですね。今回のドラマでも後日談が収録されてるんですけど、皆でまた一緒に出来る日が来て欲しいなと願いつつ、そんな日が来るように、この先も皆さんに『ゾイドジェネシス』を応援していって欲しいなと思います。

こやま) 皆さん忘れがちだと思いますが、これは子供向けアニメです。(一同笑)私が見ていた頃のゾイドは、ホントに子供が見るような感じだったんですけど、レミコトの2人が、本編では戦ってたのにエンディングとかで歌ってるのが不思議で(笑)。最近の時代の流れはこうなんだなぁって思いながら、(一同笑)でもそのおかげで、一年の間にアルバムが2枚も出ちゃうなんて、しかもキャラクター2人だけのアルバム!それってホントに凄いことだなぁって思います。
  私達自身が凄く楽しんでやらせて貰って、凄い大好きな作品でもあるので、それが皆さんにも伝わって、より好きになってくれたら嬉しいです。この先、続編が出来るように私達も頑張りますっ。


 気になるDVDは、単なるテレビ番組の再編集に留まらず、本人による全編ナレーションの追加やファンが最も望んでいる、自身による新曲のOP&EDの収録とファンには涙モノのタイトルとなっている。今回は新規金型による完全オリジナルフィギュア&書き起こしイラストポートレートがセットになったコンプリートBOXセットと、コストバリューに長けたDVDパッケージの2種類。これらがレ・ミィ版とコトナ版のそれぞれとしてリリースされるのだ。まだまだ終わらないレ・ミィ×コトナの展開に期待しよう!

ゾイゾジェネシス レ・ミィ×コトナ Reflections 1st half SE
ゾイドジェネシス レ・ミィ×コトナ Reflections 2nd half SE
●発売日/11月1日
●価格/
・half SE/各7,560円(税込)
・half/各4,410円(税込)
●BOXセット内容
・総集編DVD(本編100分程度予定)
・完全オリジナルフィギュア(全長17cm程度)【ユージン社製】
※1st half SEにはコトナ・エレガンス、2nd half SEにはレ・ミィが同梱
・坂井久太書き起こしポートレート(DVDジャケットサイズ5枚予定)
・初回特典CD(歌レ・ミィ×コトナ)
※1st half SEには本編中収録の新OP楽曲、2nd half SEには本編中収録の新ED楽曲
※初回数量6,000セット完全限定生産
●販売元/エイベックス
●公式サイト/http://avexmovie.jp/lineup/remikoto/index.html

© 1983-2006 TOMY cshoPro・TV Tokyo
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ