話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
◆パワープッシュ◆
真の強さを知るRPG 『アンチェインブレイズ レクス』 【総力特集・第1弾】
【NEW!】 フリューが放つニンテンドー3DS・PSP用ソフト『アンチェインブレイズ レクス』の総力特集を始動! 短期集中企画として、本作のゲーム情報とともに「予約特典」「ストーリー紹介」「ガールズサイド特集」「壁紙」という4つの側面をフィーチャーし、未だ知られざる “UBR” の魅力をお届けしていく! ≫続きを読む
『しゅごキャラ!』日奈森あむ役・伊藤かな恵さんインタビュー♪
2007年 10月 26日(金曜日)
『ローゼンメイデン』・『ゾンビローン』など数々のヒット作を生み出したPEACH-PITが原作のアニメ『しゅごキャラ!』。今回はヒロインの日奈森あむ(ひなもりあむ)役の伊藤かな恵さんのインタビューをお届けするぞ。



――主役ということで、決定した時はどんな気持ちでしたか?

【伊藤】最初、事務所で聞いたんですよ。マネージャーさんに肩を叩かれて“なんだろ?”って思ったら、「決まったよ」って言われて、「本当ですか!?ありがとうございます!!」ってその場で泣きました。すっごく嬉しかったです。

――オーディションはどうでしたか??

【伊藤】オーディションはすごく緊張していたので、ほとんど記憶にないんですよ。まず、主役のオーディションを受けられること自体が驚きで……。最初はテープオーディションで、それが通ったことにまずビックリしました。オーディションの現場ではたくさんの人がいる前で、マイクの前に立ってセリフを読むんですけど、緊張しすぎて後ろを振り向くことができなかったです。

――その難関を通り抜けての主役ということで、最初はプレッシャーもあったと思うんですが……

【伊藤】ありました……。今でもあります。今、11話までアフレコは進んでいるんですが、もう慣れなきゃという感じですよね(笑)。

――第1話のアフレコの時はどうでしたか?印象に残ったことなどはありましたか?

【伊藤】スタジオに行くまでの道のりで、“あっ、どうしよう”って思いながら、怖いけど、でも私がしっかり演じなきゃって思って行きました。プロダクションに入ってから今回が初めての、アニメのアフレコだったんですよ。第1話はほとんどあむちゃんがしゃべっているシーンだったので、“怖がっている場合じゃない!”って思って、すごく緊張しながらも、ある意味落ち着いていたような気もします。

――11話までアフレコしてきて、最初の頃と比べて演技は上達したと思いますか?

【伊藤】えーっ……。それはわからないです。演じていく中でだんだんと“あむちゃんの気持ちがわかってきたな”という感じはあるんですが、演技が成長しているかどうかは自分ではわからないですね。1話のアフレコで音響監督さんに「そんなにシリアスにならないで、もっとコミカルに演じて」という指摘をされたんですが、だんだんそのコミカルさ加減のようなものが、わかってきたと思います。……わかってきてたらいいなぁ(笑)。だんだん思い切って演じられるようになってきました。約1クールを経て演技が少しづつ掴めてきた感じがします。

――話が変わりますが、元々声優を目指そうと思ったきっかけは何だったんですか?

【伊藤】中学生の時に『HUNTER×HUNTER』というアニメが好きだったんです。アニメで声優をしていた、竹内順子さんと三橋加奈子さんがラジオ番組をやっていて、“声優さんって、こんなに楽しそうな雰囲気なんかを、ラジオを通して伝えることができるんだ!私も一緒にお仕事がしてみたい!”って思ったのがきっかけです。

――その後アミューズメントメディア総合学院に入学。実際にボイストレーニングなどをして、ファンだった時代に抱いていたイメージとの違いなどはありましたか?

【伊藤】学校では舞台を作るなど、体を動かすことが結構多かったので楽しかったですね。でも初めてのことが多くて、だから最初は不思議な感覚を抱いた授業なんかもありました。1年生の時は基礎を学ぶんですが、その中に“感情開放”という授業があって“これは……なんだ!?”って思いました(笑)。でもやっていくうちに、みんながだんだん仲良くなっていくんですよ。コミュニケーションも大事なことなんだ、というのがわかりました。

――そして青二プロダクションに所属することになるわけですが、最初の仕事は……

【伊藤】CMナレーションでした。やっぱりこれも現場に行くまですごく緊張したんですが、現場に入ると不思議と緊張しなかったんです。

――そしていきなりの主役抜擢。これまでの収録で面白かったエピソードなどはありますか?

【伊藤】これは面白いのかどうかわからないのですが、私が結構慌てる事が多くて次回予告の収録の時に、頭が真っ白になってしまって入るタイミングを間違って、スゥ役の豊崎(愛生)さんに「慌てな~い、慌てな~い」って言われて、深呼吸しました(笑)。あと、周りのキャストさんがすごく優しいんです。

――キャストさんの話が出たのですが、収録していく中で親しくなったキャストの方っていますか?

【伊藤】いつも隣に、ミキ役の加藤(奈々絵)さんが座って下さっているのが、私はすごく落ち着きます。

――収録の合間はどんな話をするんですか?

【伊藤】普通に世間話を。「最近の小学生はこういうアニメを観ているんだね~」とか(笑)。今日収録した話は恋の話だったんですけど、「最近の小学生は進んでるね~」みたいな(笑)感じでしたね。

――先輩のキャストに囲まれて、勉強になるなと思うことなどありますか?

【伊藤】マイク前での立ち振る舞いなどは勉強になります。キャラクターが多い作品なので、マイクの前で入れ替わらなければならない場合があるのですが、すぐ後ろに立たないとか、“入るよ”という合図を送るとか、そういう時の動きや配慮の仕方が、すごく勉強になっています。

――ではアニメ本編に話を移します。演じているあむというキャラクターについての最初の印象はどうでしたか?

【伊藤】あむちゃんは、自分を上手く表現できないという悩みがあるのですが、私も原作を読んで、そこが共感できて、その部分をシリアスに演じていたら、さっき話したように言われたんですね。最近は、あむちゃんは本当は前向きで明るい子で、悩んじゃうこともあるけど立ち直りも早い子なんだなって思うようになりました。

――今、共感したと話していましたが、自分でも同じような経験があったんですか?本当はそうじゃないのに他人から違う印象で見られたような?

【伊藤】ありま……すね(笑)。これは青二の同期の子に言われたんですけど、「最初はもっとふわふわで、すごく女の子らしいんだろうなって思っていたんだけど、話してみるといい意味でサバサバしてるね」って。

――あむのしゅごキャラの3人、ラン、ミキ、スゥはどんなキャラクターなんですか?

【伊藤】ランちゃんは前向きで、あむちゃんがすごくなりたい性格のしゅごキャラなんですよ。どんな時でも明るくて元気な子です。一番最初にたまごも孵って、あむにとって近い存在なのかなと思います。ミキちゃんはボーイッシュな感じで、あまり感情を表に出さないクールな感じです。ぼそっとツッこむ、みたいな子ですね。かわいくて、おもわず突っつきたくなっちゃいます(笑)。スゥちゃんは本当ふわふわしていて、演じている豊崎さんそのまんまって感じです。場を和ませるキャラクターだと思います。みんなとちょっとテンポが違うことでいい感じにバランスが取れているなと思いますね。

――あむちゃんは1話で告白して振られ、そのおかげで親近感を覚えてもらえるという、なかなかすごい展開ですよね

【伊藤】あむちゃんは、1話で思いっきりみんなの前で振られてしまい、“学校に行きたくないな~”って展開になるわけですけど、周囲の反応を見て“あっ、あんな私でもみんなに認めてもらえるんだ”って思うんです。そんな学校も私は素敵だなって思います。

――学校にはガーディアンという、生徒会の中の生徒会みたいな組織があって、あむは最初それに入るのを拒否するんですよね?ガーディアンが自分の学校にあったらどうですか?

【伊藤】その話を今日、キャストのみなさんとしてたんですよ!「こんな組織があったらすごいよね」って(笑)。

――実際にあったら……といえば、しゅごキャラ自体が実際に存在したらいいですよね?ご自身の元に、しゅごキャラが生まれたらどうしますか?

【伊藤】楽しくなりますよね。今、私1人暮らしなんで(笑)。話し相手というか、自分のなりたい自分だから、すごくプラスになりそうですよね。一緒に生活していたら、前向きになれるかな?アニメを観ていてもすごく楽しそうなんですよ。だから自分にもいたらいいなと思います。

――ではアニメ『しゅごキャラ!』の観どころはどこですか?

【伊藤】すごく絵がきれいで、キラキラしてるんですよ。最初映像を観たとき「かわいい!」ってびっくりしました。キャラクターの1人1人に個性があって、すごく素敵ですね。あとは、メインとなる×キャラ退治のお話以外でも、サイドストーリー的な、しゅごキャラたちがワイワイやったりする部分も観どころです。

――Buono!が歌うOP&EDも元気いっぱいの曲ですよね

【伊藤】そうですね。歌詞もあむちゃんをイメージしたような感じで、前向きな明るい歌なので、すごくいいなと思います。

――今後、あむをどう演じていきたいですか?

【伊藤】あむちゃんはいろんな面を持っているのですが、外側のクールな部分と、内側の前向きな部分とを、わかりやすく面白く表現して、もっとあむちゃんを“深めて”いけたらいいなと思います。

――作品のテーマの1つである“なりたい自分”。伊藤さんの“なりたい自分”とは何でしょう?

【伊藤】“なりたい自分”!? うーん……、今は一歩一歩いろんなことに挑戦していきたい、いろんな役を演じてみたい、声優になるきっかけになったラジオもやってみたいし、イベントもやっていけたらな、なんて思っています。

――最後にご覧になってくれるみなさんにメッセージをお願いします

【伊藤】『しゅごキャラ!』はお話自体、いろんな世代の方が共感できるお話だと思うし、あむちゃんもこれからもどんどん成長していくので、そこも含めてぜひ楽しみにしていただいてご覧ください。



テレビアニメ『しゅごキャラ!』
公式サイト:http://shugo-chara.com/
テレビ東京系にて毎週土曜日朝9時30分より好評放送中。
テレビ北海道 (日)朝7:00~
テレビ愛知 (日)朝6:30~
テレビ大阪 (日)朝10:30~
テレビせとうち (日)朝7:00~
TVQ九州放送 (日)朝7:00~

伊藤かな恵
公式サイト:http://kana2542.jugem.jp/
名前:伊藤かな恵(いとうかなえ)
誕生日:11月26日
趣味:散歩・路上ライブを聴くこと
得意技:どんな状況も楽しむことが出来まっす!!
所属:青二プロダクション


©PEACH-PIT・講談社/エンブリオ捜索隊・テレビ東京
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ