話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
ほびーちゃんねるはSOS団が乗っ取ったわ!『涼宮ハルヒ』最新ゲームタイトル「激動」「並列」「直列」の気になる特典を徹底解剖!
『涼宮ハルヒ』最新ゲームタイトル「激動」「並列」「直列」の気になる特典を徹底解剖!
2009年1月22日の発売迫るWii専用ゲーム『涼宮ハルヒの激動』を皮切りに、3月26日にはセガよりWii専用ゲーム『涼宮ハルヒの並列』、DS専用ゲーム『涼宮ハルヒの直列』が一挙リリースされるなど、続々と最新ゲームがラインナップされている『涼宮ハルヒ』関連ゲームを徹底紹介!
放送開始目前!『護くんに女神の祝福を!』アフレコインタビュー
2006年09月 22日(金曜日)
いよいよ放映直前!護と絢子の激ピュア・ラブコメ『護くんに女神の祝福を!』の第3話アフレコが都内スタジオで行なわれた。総勢11名のキャストの皆さんから、作品に対する意気込みや、護と絢子のバカップルっぷりについて語っていただいた。

 『護くんに女神の祝福を!』は、電撃文庫にて刊行中の大人気ライトノベルが原作。「東京ビアトリス総合大学附属高校」に転入した主人公・吉村護を待っていたのは運命の出会いだった。季節はずれの秋の桜という幻想的な景色の中に佇む、絶世の美少女、鷹栖絢子に突然告白されてしまう。しかし彼女は、世界的に有名なビアトリス使いであり、「魔女ベアトリーチェ」・「ビアトリスの死天使」等の異名を持ち、校内でも恐れられている存在だった・・・。護と絢子の純愛と、二人を中心に巻き起こるドタバタを描いたラブコメディなのだ。

 今回の行われたアフレコ取材でコメントしていただいたのは以下の面々。収録を行ってみての感想や、見所などを語ってくれたぞ。

●吉村護役/木村亜希子さん
●鷹栖絢子役/高橋美佳子さん
●周藤摩耶役/小野大輔さん
●周藤汐音役/能登麻美子さん
●藤田美月役/千葉紗子さん
●桐島瑤子役/大浦冬華さん
●長谷杏奈役/猪口有佳さん
●丸山友香役/こやまきみこさん
●八木浩介役/大畑伸太郎さん
●吉村逸美役/清水愛さん
●我孫子恒夫役/木村拓さん


●自分の演じられるキャラクターを初めて見た印象と、演じられて共感を持てる部分を聞かせください。

木村さん)護くんは高校一年生なのに、すごく幼くて可愛らしい男の子だなっていう第一印象ですね。優しすぎて優柔不断なところがあるんですけど、実際に演じてみて感じたのは、芯が凄く強くてしっかりした男の子だなっていう事です。ただ優しいだけじゃない、そんな護くんを演じていければいいなと思ってます。

高橋さん)頭の黄色いリボンが可愛らしくてお嬢様のような、一見、大人しくも見える優等生な印象だったんですけど、演じてみてからは、それがどんどん壊れていき…(笑)、もともと彼女が持っている気品あるイメージが、生徒会の仲間とやりとりをしている内に、どんどん崩れていって、本当の彼女らしさがボロボロ出てきましたね。私は凄くソコが好きなんですけど。護くんと出会って、恋をしてからの絢子は護くんにデレデレしっぱなしっていう、そんな一面も凄く気に入ってます。

小野さん)第一印象は、凄く爽やかなそよ風のような男だなと。(笑)なので、こりゃ大変かな?しっかりやらきゃなと思っていたんですが、原作を読んでみて、イタズラ好きでアホだったので…ああ良かった、これは演りやすい!と感じました(笑)。今は現場で楽しみながら演じております。

能登さん)初めて見た時は、強烈な髪型だなと思って…とにかく頭の印象が強かったです(笑)。演じてみて、お騒がせキャラだなって感じたので、そういう部分も出しつつ、彼女らしさみたいなものをどんどん見つけていけたらいいなと思っています。

千葉さん)最初に絵だけを見た時は、普通の女の子だなっていう印象がありました。いつもカメラを片手に写真を撮りまくっている生徒会の一員なんですけど、それを商売にしているのが面白いなって思いました。これからどうなっていくのかな?と楽しみにしながら、今後も写真を撮り続けたいと思います。

大浦さん)第一印象では、素直な感じで可愛らしく演じられるのかな?と思っていたんですが、実際に現場で動く瑤子を見たら、メガネの奥が見えない…何を考えているのかわからない…っていうキャラクターだったので、あ…コッチか!と、現場であわてて路線変更しました(笑)。瑤子としては、絢子に幸せになってもらいたいと願いつつも、2人を茶化しながら、面白可笑しく盛り上げていければいいなと思っています。

猪口さん)最初に杏奈ちゃんを見た時は、ちょっとギャルっぽいのかな?って思ったんですけど、意外と協調性があって、すごく皆を盛り上げていくような子です。ちょっと苦労人みたいな設定があるので、その辺が今後出てくるのかな?って楽しみにしてます。

こやまさん)私はすごくメガネっ娘が好きなので、初めて見た時は、あっ、メガネっ娘だ!、しかも髪が三つ編みだぁ♪と。それでちっちゃい子なんだろうなって思ってたんですけど、実際は3年生で、友香はみんなより一番年上だと知って驚いてます。中身も天然っぽいっですが、とにかく可愛いキャラクターなので愛着がどんどん沸いていますっ。これからも皆とワイワイやっていきたいと思います。

大畑さん)質実剛健と言いますか、日本男児を絵に描いたようなキャラクターで、そんな彼を頑張って演じていこうと思っていたんですが、収録がはじまってから、“外国人”で演じてくれといわれました。(笑)風貌は純和風なのにカタコトの日本語で…という指示のもと、楽しく演じております!

清水さん)最初に灯篭拳?カマキリ拳法?を使っていたのが強烈に印象に残ってます(笑)。お兄ちゃんである護さんの事が好き…らしいという女の子なんですけど、この先もうちょっとするとだんだん彼女の色んな面が出てくると思うので、楽しみにしながらやっていきたいと思います。

木村(拓)さん)設定を貰った時に、3つだけ書いてあった特徴が、メガネ・細身・猫背っていう事で。こりゃそのまんまなんだろうなという印象でしたね。アニメのオリジナルキャラクターという事で、どう演じていくか悩むところではありますが、ちょっとテンションの高いキャラクターなので遊んで演じています。


●これまでのアフレコの印象、面白いアフレコ中の出来事はありましたか?

木村さん)アフレコ現場は、ちょっとオカシイ…?です。(笑)作品のキャラクターも濃いんですけど、それを演じる皆さんも濃いですね(笑)。今後も、このチームワークがどんどん強くなればいいなと思います。

高橋さん)個人的には、叫んで怒って、スタミナ勝負のアフレコだと思ってます。絢子はテンションの浮き沈みが激しいので、ちゃんとパワーを発揮出来るように、事前にパワーバランスを考えてアフレコに臨んでます。「ちゅどーん!」って爆発したり、ありえないシチュエーションの画の迫力っていうのが凄まじいので、それに負けないように、ハッキリクッキリお芝居をしていこうと思ってます!

小野さん)今日、結構大きい地震がありました。震度4ぐらいの。誰が一目散にスタジオから逃げたかは言いませんが…(笑)。皆の気持ちが演技以外にも現れて、面白い現場だと思います。

能登さん)皆さんとっても個性的で、作品のテンポも凄く良いので難しく考えるのではなく、楽しい雰囲気を作ってそれを作品に反映させていく感じですね。本番以外でも非常に楽しい時間を過ごせる現場です。

千葉さん)美月は他のキャラクターよりも、低くもなく、高くもない普通のテンションの子なので、割と客観的に皆さんの演じる姿を見て楽しんでいる感じです(笑)。

大浦さん)どうも防災係こと、瑤子役の大浦冬華です。(笑)本日地震がありまして、ドア付近に居た私めは速攻でドアを開け、皆様の安全を護りました。これからも防災係として頑張っていきたいと思っております(笑)。

猪口さん)面白い現場なので緊張しないんですよ。収録が長引いた時でも、ずっと居てもいいよ♪って思えるぐらい凄く居心地がいい現場で楽しいです。

こやまさん)今日は高橋美佳子ちゃんから、女子全員じゃがいもを貰いました。次は何が貰えるんだろ~♪って楽しみにしてます。(笑)

大畑さん)僕はこのスタジオの空調係に任命されたんですが、毎回エアコンを切るのを忘れてしまいまして…空調係としての自分の無能ぶりにガッカリしております。(笑)もちろん空調管理以外も頑張ります。

清水さん)今日参加したばっかりなんですが、防災係さんとか空調係さんとか…そういうのを決めるのが中学生以来なので、私も何か係をいただけたら、それを真っ当していきたいなと思います。(笑)

木村(拓)さん)人見知りが激しいんですが、居心地の良い現場ですね。


●皆さんから見て、護&絢子のバカップルっぷりはどう思われますか?

小野さん)2人はバカップルでは無いと思うんですよ。ムカつく感じが全然ないし、微笑ましくてしょうがないんですよね。あと護くんが可愛くて仕方がないので、この先、摩耶とイイ感じにならないかな…?と密かに思ってます。(女子一同:ええーっ!?)…それぐらい可愛いって事で(笑)。ちょっかい出すのが楽しいです。

能登さん)初々しくて可愛らしくて、見ていて応援したくなります。私としては上手くいって欲しいと思います。

千葉さん)今ドキっぽくない所がいいなって思います。最近の若いコ達はこんなピュアな恋をしてないんじゃないかなって思うので、この作品を通して、そういう初々しい気持ちになって欲しいです。

大浦さん)下の名前で呼ぶだけで緊張したりとか、今時のコっぽくない純愛っぷりが、うらやましいなぁと思いつつ、からかうのが楽しいです。

猪口さん)ひと目ボレから始まって、こんな短期間でお互いの事を想いあえるっていうのは、凄いことだなって思いますね。護くんがちっちゃく見える時と、大きく見える時があるんですよ。私は女の子の視点で見てるので、そう感じるのかもしれないですけど、絢子もそういう事を護くんに感じたりしてるんじゃないかな?って思ってますね。これからも2人の愛は深まっていくと思うので、生徒会は温かく見守っていきたいと思います。

こやまさん)誰でも好きな人には見られたくない部分ってあると思うんですけど、絢子さんのどんな姿を見ても、護くんは絢子さんを嫌いになったりしないで、どんどん好きになっていく。そういうのがうらやましいなぁと思います。とことんピュアな2人なので、どこまでも応援っていうか…からかいたくなっちゃうんですよ。だけど壊そうとしてるワケじゃないんだよっていう、生徒会の優しさも感じますね。

大畑さん)絢子さんに対する周りの印象は、ひたすら強い女性なんですが、護くんに見せる姿は他の人には絶対見せないと思うんですよ。そういう所が可愛い…というか、男にとっては弱い所でございます(笑)。絢子さんに相対する護くんがこれまたピュアなので、そのピュアさがうらやましい!と思いつつ、僕はこのアニメを通じてそのピュアさを取り戻していきたいと思っております!

清水さん)台本を読む前の印象では、絢子さんってもっともっと強気で相手を振り回しちゃうタイプなのかな?って思ってたんですけど、想像より全然カワイイ人で、恥じらってる姿とか…私も絵を見てて萌えてしまうぐらいでした。護さんは直球勝負っていう感じの素直な青年で、強がるんだけど強がりきれない絢子さんとはお似合いだなぁって思います。生徒会の皆が2人の事を見守りつつ応援しているので、見ていて気持ちがいい作品ですね。

木村(拓)さん)我孫子という役は絢子にストーキング行為をするというキャラなので、内心2人の事は面白くないんですが、生徒会の皆が温かく2人を見守ってる中で、ただ1人だけヨゴレ役を買って出るっていう役どころです。一視聴者としての意見は、ムズがゆいというか…テレちゃうなっていう関係の2人ですね。第3話の時点で結構進展が早いなと感じるので、この先の展開にドキドキです。(笑)


●護&絢子のバカップルっぷりについて、演じられる当のご本人達はいかがですか?

木村さん)ホントに純粋な2人のやりとりが、見ていて恥ずかしいって思う時もあれば、カワイイなって思う時もあるので、世間一般が言うバカップルっていうより、絢子さんと護くんの関係は、心底ガンバレって応援したくなるような微笑ましい感じですね。

高橋さん)パッと見は、弟かな?っていうぐらい護くんは絢子より全然背が小さいし、凸凹カップルなので、もしかしたら吊り合わないんじゃないかって感じる人もいるかもしれないんですけど。私自身も絢子を演じて、護くんの無垢な笑顔を見ていてドキっとする時があって、こんなに小さいのに、自然に好きになってしまえる男の子だなって感じたので、絢子もそんな護くんに惹かれたんじゃないかと思います。


●今後の作品に対する意気込みをファンの方々に一言お願いします。

木村さん)皆とのチームワークを大切に頑張っていけたらと思っています。護くんとしては、絢子さんに対する気持ちを最初から最後まで貫き通してやっていきたいです。

高橋さん)ぜひ見てください。凄いドタバタしていて、ちょっと懐かしい感じもする作品です。ありえないだろ!っていうツッコミ満載で、でもちょっとキュンとなるようなアニメです。

小野さん)とっても楽しくて自由な作品だと思います。ツッコミ所満載で、ツッコまないと見てらんないと思うので、見ている人達もガンガン突っ込んで、アグレッシブに作品に参加してくればいいなと思います。

能登さん)最後まで楽しい作品になるように皆で作っていきたいと思っています。なので、是非皆さん見てください。

千葉さん)何はともあれ見て下さい!!

大浦さん)何も難しいことは考えずに楽しめる作品だと思います。ちょっと懐かしいなとか、キュンとなるアニメだと思うので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

猪口さん)凄くドタバタしてて、アニメらしいアニメだなぁって思います

こやまさん)誰でも楽しめるアニメだと思います。家族揃って笑ってもらって、おじいちゃんおばあちゃんにも昔を懐かしんで貰えたらなって思います。(笑)そんなとても良い作品なのでぜひ見てください。

大畑さん)皆で頑張って盛り上げていこうっていうのは最初から思ってた事なんですが、空調係としても皆に気持ちよく頑張ってもらう為に、快適な空調管理を心掛けていきたいと思います。(笑)

清水さん)キャラクターの個性が凄く強くて、見てて楽しい王道のギャグアニメって感じなので、気軽に見つつ、純愛にキュンとしていただけたらと思います。

木村(拓)さん)やってるこちら側は楽しんで演っているので、見ている側の方にも楽しんで頂けるんじゃないかと思います。気恥ずかしい気持ちで2人を見守るも良し、あの2人が憎いと思ったら、我孫子を応援してくれたらいいし。お好きなように楽しんで見てください。

 キャストの皆さんからのコメントでわかる通り、チームワークもよく、明るい雰囲気の中で収録が進んでいる『護くんに女神の祝福を!』。護と絢子のラブラブっぷりや、生徒会の動きなど見所満載な作品だけに今から待ち遠しい人も多いはず。放送が待ちきれない!!という人は、23日にアニメイト池袋店で行われる「WOWOWアニメまつり」や原作ライトノベルでチェックしてみてはいかがだろうか。

『護くんに女神の祝福を!』
●放映開始日/2006年10月5日(木)
●放映時間/深夜0時帯
●放送局/WOWOW ノンスクランブル放送

●アニメ公式サイト/http://www.megadere.com/
●メディアワークス公式サイト/http://www.mediaworks.co.jp/contents/mamoru/

©岩田洋季・メディアワークス/ビアトリス製作委員会
 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ