話題のキャラクターコンテンツをPickup!「とれたて!ほびーちゃんねる」
Home 5pb.ゲーム特集 Ever 17 あの名作が完全リニューアル登場 Xbox 360版『Ever 17』
◆ほびちゃ限定堂◆
◆連載コンテンツ◆
オトコのコはメイド服がお好き!?
クイーンズブレイド リベリオン
たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!
声優警察
でんわのクロちゃん
百花繚乱
ペインキラー琴音ちゃん
ほびーちゃんねる女子部
コスパの特集記事
女子部イケメン帖
メーカーコラム
みぐのほび~漫遊記
◆壁紙ダウンロード◆
◆ほびちゃツール◆
◆スペシャルサンクス◆
株式会社アルケミスト
株式会社マリン・エンタテインメント
株式会社カプコント
5pb.GAMES
メーカーコラムコーナーはこちらから
◆問い合わせ・リリース◆
『オトコのコはメイド服がお好き!?』 第5話 チャプター01
全員“オトコのコ”なメイド喫茶『CherryGirls』も今日はちょっとお休みです。今夜は秋祭りの夜、兄弟達もメイド服から浴衣姿に着替えてお祭りを楽しんでいるようなのですが…ただ楽しむだけではすまない模様。いつもながら三男トモくんのペースにすっかり巻き込まれてしまう次男ユキくんなのでした。
大ヒット作品の続編がはやくも登場!『今日の5の2』2学期アフレコレポ
2006年05月 26日(金曜日)
小学5年生の女の子たちの未成熟な魅力…というちょっとアブナイ(?)内容が話題のDVD『今日の5の2』。すでに発売中の『1学期』(第1巻)が大ヒットとなり、続いて待望の『2学期』(第2巻)が発売される事になった。

 『ヤングマガジン』誌で連載され20万部を超えるヒットとなった本作は、小学5年生のあるクラスが舞台。幼なじみや、メガネっ娘、ボーイッシュ、ミステリアス少女など個性豊かなクラスの女の子たちは、ときに幼く、ときにビックリするくらい大胆な行動に。彼女たちの姿には主人公の男の子 リョータ君でなくてもドキドキしてしまう。『2学期』のアフレコ後に行われた声優インタビューでも少女たちのおませな行動に話題が集中、インタビューの端々から明らかにされるストーリーに期待と妄想が膨らむぞ!

▲画像左は、2学期のジャケットイメージ

小泉チカ役 門脇舞さん
 チカちゃんは彼女自身はあまりマセていなくて、クラスメイトよりは落ち着いた女の子だと思います。主人公のリョータ君とは2年生のころからのくされ縁(?)で、今回は2年生のシーンも出てきます。ずっと仲の良い友達だった彼女が、ただのクラスメイトからステップアップするのか、しないのか、気になる女の子ですね。今回は小学生なりの思い出話なんかもあって、全体的に内容がボリュームアップした印象があります。彼女たちの行動にはちょっと深読みしちゃうシーンもかなりありましたね(笑)。2学期、2巻目ということでチームワークも良くなってすんなり収録が進んだと思います。少し寂しいくらいでした(笑)。

佐藤リョータ役 桑島法子さん
 リョータは感受性が豊かな男の子です。いろんな女の子があらゆるシチュエーションで迫ってくる状況と、彼のリアクションに独特の“間”みたいな雰囲気があり面白いですね。今回もドキッとするようなシチュエーションを楽しんでください。彼は突然、表情が劇画タッチになることがありますが、それがきっかけみたいに彼の妄想のスイッチが入ってしまいます。半分以上が想像力ですね。この作品ではなぜか保健室で露出することが多いので注目してください(笑)。個人的にはチカちゃんとの二人芝居みたいな話があって、そこは密度が濃くて皆さんにも楽しんでもらえると思います。

浅野ユウキ役 高橋美佳子さん
 ユウキはおしゃべりで、ウワサ好きで、元気で明るくてクラスに一人はいるような普通の女の子です。そのわりに天然なところもあって親しみやすいキャラクターですね。彼女はあまり自分からエッチなことはしない子だと思います。もちろん、みんなも狙っているわけじゃ無いですけどね(笑)。今回では寝ているリョータ君を起こすために耳に息を“フーッ”と吹きかけるときくらいかな? 彼女はお父さんを一発で起こす必殺技だって言っているんですけど…。今回も学校生活にエッチなシーンがおりまぜられていますが、前回よりも露出度が上がったような気がします(笑)。楽しみにしてください。

相原カズミ役 能登麻美子さん
 カズミちゃんは前回同様にとらえどころが無いミステリアスなキャラクターですが、虚ろな目がよりバージョンアップしている気がします。前回と変わらずリョータ君をかじっています(笑)。前回より激しくかじっています。よっぽどかじるのが好きなんじゃないかと思います。相変わらず不思議な女の子です。クラスメイトの中でも彼女は一人違うベクトルを向いているような気がしますね。ただ、くすぐりあうシーンがあって、そこでは表情がちょっと艶かしかったのが印象的でした。艶っぽい姿に「まぁ、小学生」って感じでビックリしました。


平川ナツミ役 山本麻里安さん
 ナツミちゃんは運動神経抜群で男の子よりも運動能力が高いんじゃないかと思うようなスポーツ万能の女の子です。でも今回はスポーツするシーンは無くて寝てばっかりでした(笑)。ナツミちゃんはいつも被害者といった感じで、自分から何かをするということはありませんが、いつの間にか…ってシチュエーションが多いです。前回は体操服やスク水姿を披露しましたが、今回はさらに布を一枚脱ぎまして(笑)、もっとドキドキする状態で皆様の前にお目見えします。…スポーツ少女は体が引き締まっていてうらやましいなと思いました(笑)。それぞれのキャラクターがいきいきと楽しそうに動いている姿を是非見てください。

日高メグミ役 植田佳奈さん
 メグミは女の子の登場キャラクターの中では一番おとなしくて、おっとりしていています。この作品の女の子たちはとてもおませなところがあって、それを特に感じたのは下着です。前回はメグミが脱いだり、今回もナツミちゃんが脱ぐシーンがあるんですが、可愛い下着をつけているですね。自分の子供のころって、あんなおしゃれはしなかったなと思います。ちなみに、今回のメグミの見所は“したたる雫”です(笑)。

河合ツバサ役 茅原実里さん
 ツバサ君はごくごく普通の小学生らしい小学生だと思います。リョータとコウジと一緒につるんでいますが、二人がいがみあった時も、「まぁまぁまぁ」と仲裁役に入るような優しいタイプの男の子です。素直に演じる事が出来たと思います。この作品は絵が綺麗で、セクシーな表情を女の子たちが見せてくれるのが魅力ですね。なんといっても“顔”がセクシーです。


― 女の子たちの魅力について皆さんの話題が盛り上がるなか、一方の男子たちについても伺った。皆さんは小学生の男の子についてどう思いますか?

河合ツバサ役 茅原実里さん
 今回は男の子役ということで、演じるにあたっては自分の弟の小学生時代をイメージしたり、自分が小学生のころの同級生の男子を思い出してみました。演じてみて思ったことは、小学生の男の子は可愛いってことですね。純情無垢で何も知らない、いろんなものにドキドキしたりするのを見ていると、「かわいいなぁ、このままでいて欲しいなぁ」と思いました。

日高メグミ役 植田佳奈さん
 男の人はいつまでも少年っぽいところがあると思うんですけど、私はどちらかというとそういう“キラキラ”した部分が苦手で、昔から年上の人が好きでした。今もキラキラした人を見ると、「あっ近寄り難いな」って 思っちゃうタイプなんです(笑)。

平川ナツミ役 山本麻里安さん
 わたしが小学校のころも男の子と遊ぶ方が多かったのですが思い出してみると、男の子を“男”として意識していなかったと思います。ナツミちゃんも運動とかで自分と対等に遊べるのが男の子だったから一緒に遊んでいるんだと思います。だから彼女が、いつ男の子を意識するのかってところが興味がありますね。ふとした瞬間にドキッとなるような…どのタイミングなんでしょうね(笑)。

相原カズミ役 能登麻美子さん
 男の子たちを見ていると安心します。ホントに子供らしいですよね。給食とか、サッカーとか…子供らしい真っ直ぐなところがあって。彼らを見ているととても和みます。

浅野ユウキ役 高橋美佳子さん
 私が小学校5年生のときは自分からは男の子に話しかけられなかったので、あまり仲良くは出来なかったです。いつも女の子のグループにいました。いま改めて男の子たちを見ているとそのころとは違う感覚で、かわいらしいなぁって思います。でも、それって、「私が大人になってっしまったのかも」とも思いました(笑)。この作品の男の子たちは、かわいくて、元気で、見ていて楽しい気持ちになります。

佐藤リョータ役 桑島法子さん
 リョータ君は、ドキドキしたり、ピュアな反応をしたり、百面相みたい表情変化が激しいです。それに応じて反射的に演じているので、とても楽しいです。この歳になってくるとキラキラする気持ちって大事だなと思います(笑)。自分の中に無くなりかけている気がするものを、たいせつにしたいですね。

小泉チカ役 門脇舞さん
 私が小学生だったころは男の子と自然に話せた思い出があまりないです。「何を言おうかな」って考えてから喋りかけていた気がします。でも、この作品を演じていて女の子たちのほうが男の子より上手なのかなって考えるようになっていたんです。それが今回のストーリーではリョータ君がチカの想像の上をいく妄想をしていて、男の子たちもいろいろ考えているんだなぁ…って、新鮮な気持ちです。男の子も男の子なりにドキドキしていたのかなって考えると安心します。…妄想されて安心したっていうのもヘンな話ですけどね(笑)。

 『今日の5の2 2学期』は1~5時間目までショートストーリー計5話を収録。うち5時間目『オサソイ』は原作には無いOVAオリジナルストーリーとなっている。チカとリョータが2年生のころの思い出からはじまるストーリー。5年生になって久しぶりにチカの家へと誘われたリョータは…。リョータ君でなくとも妄想がかきたてられる展開はDVDを購入してチェックすべし! 通常版のほか、カズミちゃんの描きおろしイラストによるジグソーパズルや描きおろしイラストデジパック仕様の限定版の『スペシャルEdit』ヴァージョンの2タイプそろって6月23日発売!

今日の5の2 2学期 《通常版》
●価格/6,090円(税込)
●収録内容/
1時間目「スーパーボール」/2時間目「キセカエ」/3時間目「カンサツニッキ」/4時間目「エガオ」/5時間目「オサソイ」

今日の5の2 2学期 スペシャルEdit 《限定版》
●価格/8,190円(税込)
●収録内容/
1時間目「スーパーボール」/2時間目「キセカエ」/3時間目「カンサツニッキ」/4時間目「エガオ」/5時間目「オサソイ」
●備考/
 特典その1 :
  オリジナルジグソーパズル
  40ピース、相原カズミ描きおろしイラスト(約18.8×13.5cm)
 特典その2 : 描きおろしイラストつきデジパック仕様
●公式サイト/http://www.5-2.jp/
©桜場コハル/講談社・「今日の5の2」製作委員会

 
◆WEBコミックなら「コミック・ダンガン」◆
無料WEBコミックならコミックダンガン
◆連載コンテンツ 更新情報◆
■オトコのコはメイド服がお好き!?(2012.3.17更新)
≫イラストストーリー 2012年3月 ~Ep.2~
■「クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘 ピュラ」スペシャル壁紙(2012.3.16更新)
≫QG最新刊リリース記念壁紙を配信!
■声優警察(2012.03.10更新)
≫『探偵オペラミルキィホームズ 第二幕』ミルキィホームズ
■たまごまごのココがアニメを楽しむツボ!(2012.3.6更新)
≫第6回『キルミーベイベー』
■クイーンズブレイド リベリオン(2012.3.2更新)
≫イラストストーリー~決戦編~第7話を掲載!
■ミノリカワ書房☆りたーんず (2012.3.2更新)
≫HJ文庫 3月の新刊 『私のために創りなさい!』
■『萌える!女神事典/淫魔事典』 (2012.2.29更新)
≫発売記念! 壁紙DLサービス
■メーカーコラム(2012.2.27更新)
≫【日々遊覧~マリンの活動日誌~】第9回
■メーカーコラム(2012.2.20更新)
≫未来予想コラム☆アルケ日和・第10回
■女子部PICK UP 第20回(2012.2.15更新)
≫『薄桜鬼 ~幕末無双録~』
■コミック・ダンガン インタビュー(2012.1.27更新)
≫熱血同人コメディ『Aをねらえ!』岩戸あきら先生
■コスパの冬コミ最新情報(2011.12.25更新)
≫ 『けいおん!!』ファンなら即GET! コスパの冬コミ最新情報到着!
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project ©2012 HobbyJAPAN/QB リベリオンパートナーズ ©高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©HobbyJAPAN ©CherryGirls ©田中久仁彦/ホビージャパン ©すずきあきら・Niθ/ホビージャパン ©しらゆき昭士郎 ©井上純弌/ホビージャパン
© FURYU CORPORATION 2011.All Rights Reserved. ©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会 ©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv ©創通・サンライズ